三重県津市でヨガを教えています。ヨガのことだけでなく、日々のいろんなことを書いていきます。


by NAO
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:Yoga( 16 )

カランコエ咲いた

今朝、玄関のカランコエの鉢を見たら、つぼみが一つ開いていました。

花の咲いている状態で買って来て、花が枯れ、その後数年の間はつぼみがつきませんでした。昨年、初めてつぼみがたくさんできて、ずっと固く口をつぐんだままのようだったのが、今初めてほころんで笑顔を見せてくれたような。

花言葉のように、幸福を告げに来てくれたような気がします。

つぼみがつかないときも、きっと私に話したいことがたくさんあったんだろうなあ。

#カランコエ#ヨガSPACE・カランコエ#三重県津市#ヨガ

[PR]
by wumingzhi | 2018-01-22 08:02 | Yoga

カランコエのつぼみ

三重県津市でヨガを教えているインストラクターNAOです。

私がインストラクターになったきっかけは、ヨーガ・セラピーを始めたことにあります。

ヨーガ・セラピーのこともまた、おいおいご紹介していくとして。
ヨーガ・セラピストの資格取得のために、実際に生徒さんにセラピーを施術して論文にまとめる必要がありました。そして、ヨガ教室としての名前を付けなければならない。

ヨガ教室といっても、ちゃんとしたスタジオがあるわけではありません。けれど、その気になればどこでもヨガを教えることはできます。自宅でも、生徒さんのお宅でも、集会場などでも。

私は、自分のヨガ教室に、

『ヨガSPACE・カランコエ』

と名づけました。

この教室は、決まった場所にあるわけではありません。この教室は、私の心の中に、皆さんの心の中に、ある。そんな思いを込めて。

昨年、我が家のカランコエに、4年ぶりくらいにつぼみがつきました。つぼみのまま年を越しています。ぽっちりと赤らんでいるつぼみ。
b0020550_08464474.jpeg
カランコエの花言葉が気に入ったので、心の中の教室の名前にしました。

カランコエの花言葉:「幸福を告げる」「あなたを守る」「たくさんの小さな想い出」「おおらかな心」

#ヨガ#三重県津市#ヨガレッスン

[PR]
by wumingzhi | 2018-01-19 08:47 | Yoga
三重県津市でヨガ・インストラクターをしているNAOです。
ずっと放置していたブログに手を入れて再開することにしました。
よろしくお願いします。

[PR]
by wumingzhi | 2018-01-08 10:36 | Yoga

YOGAsmile in Kyoto2日目

今日もいいお天気。

今朝は中島正明さん=MASA先生の瞑想のクラス。

申し込む時、誰のどのクラスにしようかな~(申し込む時期が遅かったので選択の余地は少なかったが)と考えて、苦手の瞑想にチャレンジしてみようと思った。MASA先生は雑誌で写真などを見かけたことはあるもののほとんど知らないしあまり興味もなかったのだが。

でも、とてもいいクラスだった。MASA先生もとても素敵な人だったな。
瞑想だから1時間半ずっと目を閉じて座っているのかと思っていたら、お話もたくさん聞けたし質問にも答えてもらえた。とても楽しく充実した時間だった。

初めて実際に目にするMASA先生はまず、細長いっ! と思った。
細いけど胸板は厚く二の腕はたくましい。座っていると小さいのだが、立つとすごく背が高い。184センチなのですって。脚が長いということだ。腕を伸ばすとお堂の天井に着きそうだった。

集中力がないから瞑想が苦手で嫌いだったけど、今日は瞑想している時間が心地よいと初めて思えた。
もし瞑想中に鳥の鳴き声が聴こえてきたら、それに身をゆだねて自然に調和している自分を感じて良い。集中できていないなと感じたら、「集中してないな」と認めれば良い。自分の中で自分とケンカせず、自分と寄り添い仲良くすること。それがヨガの「気づき」なのだという。

昨日と今日、1コマずつしか受講できなかったけれど、素晴らしい2日間だった。HIKARU先生にも会えたし。

心が洗われるというか、新しいエネルギーを注ぎ込まれたような2日間だった。
[PR]
by wumingzhi | 2011-10-09 18:55 | Yoga

YOGAsmile in Kyoto!!

ヨガのイベントに参加してきた。

昨日、娘を連れて高速バスで京都へ。

今禁酒してるので、朝もスッキリ目が覚める。5時に目が覚めた。

目が覚めるのが早すぎると、まだこんな時間か~とガッカリしてしまう。早く活動したくてウズウズしてしまうのだ。夜中の2時とかだとさすがに活動するには早すぎて昼間疲れてしまうのでなんとか再び眠るよう努力する。ひどいときには起きたらまだ12時なんてこともあって、そんなときには心の底からガッカリしてしまう。

だから5時というのはちょうど良い。早いけど、早すぎることもなく。

しかし、ジョギングしようと思っていたのに母とおしゃべりしていたらあっというまに時間が経ち、その後お風呂に入って出てきたらなんと出発時間まで4分しかない! のんびりトリートメントなんてしているんじゃなかった。

しかし4分しかないのにバスに間に合わせてしまった。

朝イチのクラスは木村先生。普段の講義になかなか来てくださらないので、こっちから追いかけることにしたのだ。講義に来てくださいと文句言っておいた。

同じ時間帯には別の部屋でHIKARUさんの呼吸法のクラスが。HIKARUさんのクラス、取りたかったけど、HIKARUさんのメインのクラスは金曜日だったし、今朝は木村先生取っちゃったし。

でもHIKARUさんに一目でもお目にかかることができないかなあと思っていたら、受付のところにHIKARUさんが。話しかけたいなあと思ったけど、お庭の写真を撮ったりされていたのであきらめた。

クラスが終わって帰ろうとして靴を履きかけたが、更衣室にリュックを忘れてきたことに気付いて取りに戻ったら、更衣室の中で着替えているHIKARUさんの姿が。

握手してもらって少しおしゃべりできた。
あー、とっても幸せ。触れるだけで、そばに居るだけでワクワクさせるような不思議な力がある人だなー。まだ子どもが小さいのでなかなかワークショップなどにも参加できないんです、と言うと、「子育てもヨガだから!」と励ましてくれた。ありがとうございますHIKARU先生。

あっ、木村先生のお話も相変わらず面白かったです。

HIKARU先生のクラスを取っていた友人と落ち合って祇園の中華料理店でランチのあとお茶。

彼女は高校時代の友達で、話が尽きることがなく、とっても楽しかった。いい一日だった。
[PR]
by wumingzhi | 2011-10-08 16:16 | Yoga
最近すっかりバレエに夢中。娘の発表会も近づいており、緊張とドキドキの日々。

だらだらとヨガを続けながらも、ホームプラクティスはあまり(というかほとんど)できていない。

ところが、バレエストレッチを始めてから体が柔軟になって、練習していないのに、できなかったヨガのブリッジのポーズができるようになった。バレエではブリッジのポーズなんてまったくやっていないにも関わらず。

体というのはたとえば脚なら脚、背中なら背中、腕なら腕、というふうに独立して成り立っているのではない。すべてのパーツが連動して初めて肉体としての機能を発揮できるのかな。そんなふうに感じる今日この頃。
[PR]
by wumingzhi | 2011-07-28 23:33 | Yoga

大逆転!?

ゆうべ寝入りばなに夫が寝室に入ってくる気配で目が覚めてしまった。
その後眠れぬままにふと、直感がピーンと来た。

私、シルシャアーサナできるかもしれない!?

シルシャアーサナ、ヘッドスタンドである。
練習したことはあったができなかった。それ以来全然やっていないのにもかかわらず、なぜかゆうべ突然できるような気がしたのだった。

さっそく布団を出てやりに行った。

さて、やろうと思ったが、やり方をすっかり忘れてしまっている。手は…組むんだっけ?

コンタクトレンズを外しているので本を調べることもできない。

だからゆうべはあっさりとあきらめて、今朝起きぬけ一番に再挑戦。

足先は一瞬真上に上ったけれど、向こう側にでんぐり返りしてしまった。

これは大きな一歩だ。
向こうに引っくり返ってしまうのが恐かったのだが、引っくり返ってしまえばたいしたことはないとわかった。ちょっと大きなでんぐり返りというだけだった。どこも痛くない。なかなかキレイにでんぐり返りできている。

以前、HIKARUさんのワークショップに参加したとき、オシャレで素敵な普通の女の人たちが平気でヘッドスタンディングしている姿に衝撃を受けたものだった。

練習したらヘッドスタンドができるかも、という手ごたえをつかんで嬉しくて、髭剃りをしている夫に報告に行った。

「ヘッドスタンドがもうすぐできそうになってきたよ!」

夫「へえ~、ふう~ん」

大して興味も驚きもなさそう。私がヘッドスタンドできるなんて(いや、まだできてないけど)、私の中ではスゴイことなのになー。
[PR]
by wumingzhi | 2011-06-24 23:48 | Yoga

送別会

ヨガ教室の先生の送別会に参加した。

来月からインドに留学されるのである。これを機に教室も「発展的展望」を持って閉鎖されることに。

私は教室がなくなったあと、どのようにヨガを続けるかを考えた。

1.新たな拠点となる教室を見つける。

2.ジムでヨガのプログラムに参加する。

3.いろんな先生のワークショップに参加する。

4.ホームプラクティス。


先生にも相談してみたが、「自分で教えてみたら」と言われた。私もその方向でがんばるつもりだが、まだまだ力が足りないので定期的に練習を続けたい。ヨガ哲学はYTICで勉強を続けるが、アーサナをもっと深めたいのだ。YTICの2年間のカリキュラムを終えたら、今度は名古屋あたりでアーサナ中心のティーチャートレーニングを受けたいと考えているほどである。

2のジムでのヨガは、ヨガとは言えないし…。まあ、気休め程度に、健康体操として可能な限り参加していこう。

3ワークショップは休日なので、家庭生活やYTICとの兼ね合いもあるしなあ。

4ホームプラクティス。これが一番私に欠けていることで、最も重要なことなのである! とわかっているのでがんばろうっと。

送別会は、とても楽しかった。先生は残念ながら2次会まではおつきあいいただけなかったが、私は2次会まで参加してカラオケ行ってきた。中国語の歌やジュリーなど、やりたい放題しほうだい!! 
[PR]
by wumingzhi | 2011-06-19 17:11 | Yoga
ヨーガセラピスト養成講座後期二年間のカリキュラムが始まった。

前期1年間学んだ友と再会。
すべての人が後期に進んだわけではない。前期が50数人、後期は22人だった。

講義や実技の練習ではまだ前期と大差なかったが、最初に自己紹介を兼ねて後期に進んだ動機を言うことになった。

私は一番に発言した。昼食の時間だったので、早く言って落ち着いて食事を取りたいから。

自分の挨拶が終わり、他の人たちの話を聞いて、いろいろ考えさせられた。

もとより、うまく話そうなんて思わないが、言うべきことをほとんど言わず、言わなくても良いような、どうでも良いことだけ話してしまった。

中身のある話ができない私。もっと少人数なら話せるけれど、こういうところでは話したくないと思ってしまう。少なくとも今はまだ、話したくない。

みんなが発言を終えて、最後にもう一度マイクを借りて話したくなった。
「私が後期YTICに進んだのは、中身のないからっぽの自分を埋めるためです。2年間で少しでも自分という容器を中身で満たせるようがんばります!」

…言わなかったけど。時間もなさそうだったし。

他の人は、仕事を持っていてさらにヨガも教えていながら、ヨーガセラピスト目指して勉強しているという人も多い。私みたいに何もしていなくて時間があるから取り合えず資格を取るために勉強してみるか、というようなのん気な人はほとんど見当たらない。

厳しいという後期のカリキュラム、脱落しないでついていけるだろうか。
後期課程に進むことを快諾してくれた夫のためにもがんばるしかない。

自分が何か勉強していないと不安だから勉強するのだ。そんな動機じゃだめなんだと思う。でも、なんでそんな動機じゃだめなのか? 誰がそんなこと決めたのか? そう問われると答えられない。

以前私が出かけるのを娘がいやがって泣いたことがあったので(それは講座出席のためではなく園ママとの飲み会であったのだが)、今回は娘に黙って出かけることにした。娘が寝ている早朝にこっそり家を出た。

昨日は夫は娘を予防接種に連れて行き、水族館に連れて行き、サティに食事に連れて行ってくれたらしい。夫、大奮闘。

9時頃帰宅。もう娘は寝ているかなと思ったらまだ起きていて、私の似顔絵をプレゼントしてくれた。夫からは水族館のおみやげのイルカのネックレス。YTIC講座の時には必ずこのネックレスを着けて出席することにしよう。

娘はとてもご機嫌だったので良かった。

今朝は早く目が覚めたので早朝ヨガ練をした。瞑想と呼吸法含む。
最近全然ヨガの自主練をしておらず、教室にもあまり行けていない。これからなるべく早起きしてホームプラクティスに励む。

通っているヨガ教室の先生がインドに留学することになり、今後どうするか考え中だ。
ジムのヨガプログラムを取るか、ワークショップを捜して出かけるか、他の教室を探すか…。

先生の留学に際して、教室はその間お休みになるけれど、先生は別にカルチャーセンターでのクラスを持っている。実はそのクラスの代行を頼まれていたのだった。

私に? そんなん、無理です…。

と思ったけれど、やはりヨガの奉仕の精神に従わなくてはならないと思って、不安だったけど引き受けることにした。1ヶ月くらいだし、7月だからそれまで一生懸命指導の勉強したら何とかなるかな?
と思って。何かきっかけがないと教えることなんて始められないし、これはそのきっかけ・チャンスなのだと前向きに捉えるようにした。
でも、カルチャーセンター側がレギュラーの先生を見つけたそうで、代行講師の話はなくなった。

ホッとしたけれど、自分でも意外なことに、ちょっと拍子抜け。なーんだ、私、ヨーガ・ティーチャーやりたかったのかな、ホントは。

私は周りの人に本当に恵まれていると思う。人から与えられるばかりで、自分が人に返せるものが何もないというのが悩みだ。
インプットし終わらないとアウトプットできないとずっと思っているが、しかしインプットが終わるという日は来ないのだ。生涯学びであるから。ならば、自然の流れに任せてみようと思う。
[PR]
by wumingzhi | 2011-05-29 06:07 | Yoga

卒業!

一年間がんばってきたYIC、本日終了。

まだ卒業できたと決まったわけじゃないけど…たぶんだいじょうぶでしょう。

試験が終わって、他の班の打ち上げに混ぜてもらってインド料理店に。
カゼひいてて喉がつらかったのに、喋りっぱなしだったもんだから声がガラガラになっちゃった。

不思議なんだけど、YICで出会った人たちとはすぐに気持ちが通じ合えて何でも話せる気がする。

卒業と言っても前期の話。自由だけど、後期も受講するとなるとあと2年。私は続けるつもり。今度は放り出さないぞ。

とりあえず明日は居間の片付けと娘のリトミック発表会だっ。気分すっきりさわやか~。
[PR]
by wumingzhi | 2011-02-27 00:13 | Yoga