日々のこと


by wumingzhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

手足口病

先週土曜日の夜は園ママ4人で飲み会。

私は先月の飲み会でなぜかすごく酔っ払ってしまい、眠くてたまらず数時間で帰宅してしまった。

今回はあまり早く酔わないようにお水をもらって一緒に飲みながらお酒を飲む。でもしゃっくりが出てしまい、あまり飲めなかった。しかしお喋りを楽しみながら三軒ハシゴして2時半まで飲んでいた!

帰ったのは3時だ。心配した夫から2時過ぎと帰宅直前の2回、メールが来ていた。一回目は気付かなかった。

夫は怒っていなかったが、私がお店でノビているんじゃないかと心配していたらしい。

翌日は夫がバッチリ計画を立てて、ふれあい牧場に行くことになっていた。しかし朝から娘が熱っぽい。測ってみると38度台の熱。後からどんどん上って9度台にまでなった。当然牧場はなし。

昨日月曜日、娘の熱は下がったが舌の裏にありえないほど巨大な口内炎が出来ていて膿がたまっているように見える。何も食べたがらない。そりゃそうだ。舌の先に針の頭程度のブツっとした出来物ができただけでも1日中不快で何食べてもおいしくなく感じるくらいだ。あんな巨大な口内炎ならなおさら。

幼稚園を休んで病院に行くと手足口病という診断だった。名前は聞いたことあるが。

夏風邪の一種で、幼稚園にも行っていいとのことだった。問題は、食事。ゆうべはなんとかそうめんと玉子豆腐を食べさせた。今朝はプリン。ごはん好きの娘だが、ごはんも食べられないと言う。

体調はそう悪いようではなく、食べ物以外では特にわがままを言ったりぐずったりするわけでもない。それどころか、
「ママが病気になったらわたしが何でもしてあげる」と言ってくれてホロリとさせられた。
「嬉しいなあ。何してくれるの? 代わりにごはん作ってくれるの?」と訊くと、
「ごはんは作れない。お掃除する。それからわたしの子供用のおくすりを飲ませてあげる!」

お掃除より食事の支度のほうが嬉しいが、そして子供用の薬では効かないような気もするが、そう言ってくれるのが可愛くて嬉しくて。

そんな娘だが、寝ているときはどうしても口が痛いのが我慢できないらしく、夢うつつで泣き叫んで夜中に何度も起こされた。

私はなんともないが、夫が昨日気分がしゃきっとせず、微熱があった。まれに大人も手足口病に感染することもあるらしい。園ママも手と足の裏に痛い発疹ができたと言っていた。心配である。

今日娘を送っていくと、唇を突き出してきたので2回チュッとすると元気よく教室に入って行った。
手足口病は飛沫感染するさしい。でも移るんならもうとっくに移っているだろう。もう今更キスの規制なんてしても仕方ないからいいや。

それと、プリンやアイスやゼリーばかり食べているのに(他の子のママに聞いてみてもそんな感じだったそうだ)歯を磨くと舌に歯ブラシが当たって痛がるのでしっかり磨けない。口内炎がひどいのであまり無理に磨くこともできない。

問題は私である。9月になってもまったく運動していない。園の送り迎えもずっと自転車だ。もうだめだ~、何もやる気が起こらん。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-09-07 11:06 | 生活

行ってきますのキス

「ママにぎゅってして、チューしたら今日は泣かないでバイバイする」と言っていた娘。

園に着くなり、まだ開門前なのに「おなか痛い」と言い出して、あわてて隣の教会のトイレに連れて行ったりしていたため、そんなことすっかり忘れていたが、教室に入って行った娘にバイバイすると、娘のほうから「ぎゅっとしてチューは?」と言って抱きついてきた。すぐに離れて、キスをするとニコニコしてお友達のところに行った。

いつも私が口紅をつけているときキスされるのを嫌がるので、こんなことは珍しい。可愛ええのう…。

今日はベリーダンスの日なのでがんばって練習しておかないと。今朝はうまく気持ちが切り替えられた。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-09-02 09:56 | K's Garden

二学期

待ちに待った園の二学期が始まった。

今日は11時半降園。うーん、早いぞ。

朝、送って行くと、幼稚園を楽しみにしていた娘が、私のスカートにすがりついて離れない。無理やり振りほどいて走って逃げた。娘は門まで泣き叫びながら私を追いかけてきた。

離れる気になるまで言い聞かせるお母さんもいるが私はそういうのは不得手。娘は娘で、私の姿が見えなくなるといつもケロッと泣き止むようだ。

やれやれ、やっとノビノビ…と1人家に居ても、なんだか気が晴れない。泣いて追いかけてきた娘の姿ばかりが目に浮かぶ。朝、玄関で下駄箱から靴を出そうとして観葉植物を倒してしまった娘。
「戻しておいたんだけどまだ土がこぼれてるの」と言い訳していた様子を思い出しても愛らしく。

夏休みの間ずっと二人一緒にいたから、急に居なくなるのが慣れなくて。

お迎えの時間。娘に再会したとたん、泣いてしまった私。
珍しくスカートをはいていて(デブりすぎてパンツが穿けない)、娘と抱き合って泣いている私を見てクラスメートのママに「キャラ変えないで〜」と、引かれてしまった。

娘を一人立ちさせようと、この夏一生懸命頑張っていたつもりだったが、いつの間にか私が娘依存症になってしまっていた。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-09-01 15:05 | 生活

体が大変なことに・・・

娘のバレエの発表会のとき、ちょっとはきちんとしたカッコを親もしないといけないと思って、新しい服を買った。いつもジーンズかカーゴパンツを穿いていてきちんと感ゼロな私だ。黒のぴったりした柔らかい素材のパンツ、トップは黒のタンクトップに背中の大きく開いた羽織りもの(なんて呼ぶのだ? わからん)。

ズボンは柔らかい素材なので穿けることは穿けるが、なんともしまらない…。背中ももったりした感じで。
で、服を決めてから1週間を切っていたが、発表会を期限にダイエットすることにした。目標はマイナス3.5キロ。本当にそんなに痩せられるか半信半疑だったが、がんばった。3.9キロ減、目標クリアー。

しかし発表会が終わってあっという間に戻ってしまったよ。とりあえず発表会のときにちゃんと服が着られたら良いとは思っていたが、本当にその通りになってしまった。

思ったことは必ず実現する! 思い方が間違っていた。「発表会が終わってもずっとダイエットを続けて順調に痩せ続ける」と思うべきであった。

昨日はヨーガ講習だった。実技試験があった。あんまり勉強していかなかったが、がんばってやっていってもあまり変わらなかっただろうと思う。まあ、あんなもんだ。

講習の後、夫・娘と合流してボリショイサーカスへ。講習の終了時間がサーカス開演時間と同じなので少し遅れていったが、うまいことに講習の場所とサーカスの場所が近かったのだ。

私は空中ブランコ、夫は猫のサーカス、娘は綱渡りが良かったと言っていた。ライオンも出てきて凄かったけど、やっぱり猫でしょう。

夫は綱渡りをするクマをずっと人間が着ぐるみ着てると思っていたらしい。確かに綱渡りを終えて梯子を降りて、恥ずかしそうに(?)口元を手で押さえながらスタスタと引き揚げていく姿、人間としか思えなかった。

私が空中ブランコ乗りの女の子だったら、がっしと受け止めてくれる相方の男性に恋をしてしまうんだろうなあ。でも、私には裏で演奏しているバンドマン(ドラム担当)の彼がいて、こっちとも別れられないし…などとしょうもない妄想にふけっているうちにサーカスは終わり、近くのホテルでディナーブッフェを食べてから帰路に着いたのでした。

とりあえず当分の間ブッフェには行きません。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-08-29 10:37 | 生活

夏が終わった

というとなにやら寂しげな感じだが、別に寂しくはない。いろいろ終わってやっとほっと落ち着いている。

21日、無事娘のバレエ発表会が終わった。上手にできたとは言えないが、最初から最後までずっと笑顔でステージに立てた。それだけでもう表彰モンである。

初めて経験する娘のバレエ教室の発表会は素晴らしいものだった。なかなか水準が高いのではないかと思う。東海地方だからお稽古熱心なのかな。ただいろいろ親の役割というか係の仕事があって、じっくり客席に座って鑑賞というわけにはいかず、残念だった。

娘のことで悩んでいたとき、先生にいろいろ励ましてもらった。本当にありがたかった。
ステージが終わって先生とハグし合った。

今はまだ小さい娘もいつしか反抗期になって親と口もきかないなんて時期も来るかもしれない。自分がそうだったし。でも、親とは話さなくても、バレエの先生には学校のことや悩み事を話したりできる、そんな関係を築いていってほしいなと思った。
ティーンエイジャーの生徒さんたちを見ていると、素直で良い子ばかりなのだ。バレエを習っているからということもあるのだろう。バレエをやっているから真面目で素直になるというよりも、真面目で地味な性格の子でないと、バレエなんて辛気臭いお稽古ごと、続けられないのだろう。娘はあまり根気があるほうではにのでいつまで続くか心配だなあ。

それに、つくづく、バレエ習わせてると親が大変だと思った。

発表会が終わると、見に来てくれていた母の車で実家へ。昨日帰ってきた。

昨日は娘のバレエ、今日は私のベリーダンスのレッスン。私の発表会は10月だ。さーて、次は私の番だ! がんばらなくっちゃ!!
[PR]
# by wumingzhi | 2010-08-26 16:27 | 生活

幼稚園のお祭り

昨日は娘の通っている幼稚園のお祭りであった。役員である私は当然のように雑用に借り出される。
祭りは午後五時からだが、2時から準備。

夫は娘を連れて朝から映画館。『みつばちハッチ』を見に連れて行ってくれた。

私は家を出るまで時間があったので、ジョギング1時間。1時間走ったのは久し振りだ。6、7月とさぼりまくってしまった。ウォーキングに精を出していたのもあるが、夏休みになってウォーキングもできていない。

やっぱりジョギングはいいな。なんとか朝早起きして走れないだろうか。がんばってみよう。

しかし、家に帰ってシャワーを浴びてほっとすると、出かけなきゃならないのに眠くなってしまい困った。なんとか自転車で幼稚園に出かける。

4時半くらいになると、ぞろぞろと人が集まりだす。義姉に浴衣を着付けてもらった娘も来た。

私はずっと食べ物売り場に張り付いていて、ほとんど娘の様子を見たりできなかった。去年も祭り係だったし、祭りの日はいつも夫にまかせきりだ。

無事終了。この日は地元の花火大会だったが、疲れていたのでそそくさと帰宅。疲れというか、短い休憩時間に大急ぎでおにぎりやたい焼きなどを詰め込むように食べたので、ちょっとおなかが痛くなってしまったのだった。

今日はプラネタリウムにドラえもんのプラネタリウム映画を見に行く。
内容は小学生向きくらいで、娘には少し早かったかもしれない。私には結構勉強になり面白かった。でも途中でちょっと怖くなってしまった。ドラえもんに連れられて銀河系の外に出て銀河系を見るところ。宇宙の果てってどうなってるんだろう。ぺっちゃんこになっているんだろうか。それともただ空間が広がっているのか。訳がわからない。なんだか気味が悪くなってしまう。

プラネタリウムのあと、隣のタイ料理店で昼食。バイキングなのだが、久し振りのタイ料理、とてもおいしかった。ビールが飲みたかったが我慢した。窓から広がるたんぼを見ながらタイ料理を食べていると、なんだかタイに居るみたい(行ったことないけど)。
昼の遅い時間に行ったためあまり料理が残っておらず夫は少し物足りなそうだったが、私は鳥料理をたくさん食べて大満足だった。娘はもっぱらチャーハンを食べていた。

幼稚園での午前中のプール遊びも終了したので、娘は明日から本格的な夏休みだ。できるだけアクティブに過ごすことを心がけてみよう。

私の八月の目標は、毎食前の腹筋運動と早朝ジョギング。がんばるぞー。

娘はピアノ練習と自転車、散歩を日課にさせてみようかな。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-08-01 19:35 | 生活

朝ドラ

娘が水疱瘡で自宅軟禁中だった頃、あまりに毎日ヒマでヒマで、朝ドラを見るようになった。

連続ドラマというのがあまり好きではない。毎週同じ時間に見なければいけないというのがなんとなくいやなのだ。

しかしあまりにヒマで、朝・昼・夜と1日三回くらいゲ○ゲの女房を見ていた。
そして娘の水疱瘡が治り、無事社会復帰した今もなぜかゲ○ゲの女房を見ている。今日なんか、BS2の前にBSハイビジョンで放映していることを知り、3回連続で45分間ゲゲゲを見てしまった。

これを見ていると思い出すことがある。
私が独身時代、病院の受付の仕事をしていたときのこと。その病院では漢方薬を処方していて、遠方にも患者さんがおり、漢方薬を発送していた。そのような患者さんの中に、水○プロダクションに勤めている人がいたのである。

薬がなくなると注文のFAXが水○プロダクションから届く。そのときの症状がイラスト入りで書き添えてある。そのイラストの上手いこと、グロいこと。さすがに水○プロだわな、といつも感心してFAXを見ておりました。

朝、ドラマを見ていると、テレビの中の世界と自分とが一部繋がったような気がして、懐かしくも楽しい。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-07-27 14:25 | 生活

娘と夫のピアノ発表会

土曜日、娘と夫のピアノ発表会があった。どちらもピアノを習いだしてから初めての発表会である。

娘は午後1時からの部、夫は午後6時からの部。

娘は先生との連弾で、曲目は「かえるのがっしょう」と「むすんでひらいて」の二曲。
一応両手で弾くが、どちらも左右同じ音を弾く。

昨年の9月からピアノを始めて、両手で弾くのは初めてである。最初はとても弾きこなせると思えなかった。娘のピアノ教育は教室の送迎も含めて夫に任せていたが、あまりに娘が弾けないので危機感を感じて、発表会の1ヶ月前頃からとうとう私が乗り出した。娘のピアノレッスンの時間と私のヨガ教室が重なるのでヨガをあきらめて娘のレッスンの付き添いを私がすることにした。

そして手書きのカレンダーを作って、1回練習するごとにシールを貼らせることにした。まとまった時間、集中力が続かないので、朝幼稚園に行く前に練習、帰ってから練習、寝る前に練習、という感じで1回五分でも10分でもやったらシールを貼らせる。連弾の先生のパートを一生懸命練習して、娘と一緒に弾けるようにした。

夏風邪で高熱が出て練習できなかったことなどが2~3日あったことを除けばほぼ毎日練習できた。

発表会、娘の出演する部は1時から。最初に歌を歌う子がいて、娘はその次のピアノ部門のトップである。

舞台袖で待機しているとき、娘が愚図って舞台に出ていくのをいやがったらどうしようと気が気ではなかった。娘はこころなしか言葉少なである。私はたぶん娘以上にドキドキしていたと思うが、娘の気持ちを浮き立たせ、なおかつ平常心にさせるため、「あの子のドレス可愛いね」などと話しかけたりしていた。

とうとう娘の出番。私も一緒に出ていきたい気持ちをぐっと我慢。舞台袖で祈るような気持ちで見守っていた。

先生の連弾のお陰もあり、少しテンポがもたつくところはあったものの、間違えずに弾き通すことができた。大きく元気な音で弾けたのも良かった。

娘は自分の番が終わって席に戻るとほどなく退屈してしまい、夫がロビーに連れ出してくれた。私は一人、最後まで聴いていた。

印象的な男の子がいた。後で小学1年生だと聞いた。その子がとてもうまかったのだ。習い始めて1年、初めての発表会ということだったが、音色がとてもきれいで、右手と左手の音が融け合って音楽になっている(発表会を見ていると、大きい人も含めてこれが難しいということがよくわかった)。手の動きもまったくもたもたしたところがなくて無駄がない。
この少年がずっとピアノを続けるかどうかはともかく、絶対何らかの楽器で大成するはず、と感じた。
「天才と呼ばれる人に持って生まれた才能というものはない。あるのはそのことに時間を割ける根気と集中力だ」ということがテーマの本を途中まで読んでいるが、この少年の演奏を聴いて、いややっぱり生まれつきの才能というのはあるだろう、と感じた。
もし娘が小学一年生までピアノの練習を毎日続けていて、そのときにこの少年くらい弾けるようになっていたら、そのときは「やっぱり持って生まれた才能というものはない」という考えに改めて同意する。

発表会、娘の部が終わって、一ヶ月がんばったご褒美にティールームにケーキを食べに行った。

帰宅し、しばらくして今度は6時からの夫が出演する大人の部。

昼間の感じでは娘を連れていくのはとても無理のようだったので父に預かってもらい、私だけが見に行った。

夫の登場は10番目。
大人は子供以上に緊張しているのが伝わってくる。JーPOPの曲を演奏した社会人男性がいたが、弾いている指がワナワナ震えているのが見えた。何度もつっかえて立ち止まる。見ていてこっちが緊張した。隣の夫のひらをさわってみると、じっとりと汗ばんでいる。夫も緊張している?

大人の奏者は特に、一度つっかえるとそこを弾き直してクリアーしないと次に進めないような感じなのである。適当にごまかすことに慣れていない。だから余計ミスが目立つし、焦ってますます弾けなくなるという泥沼にはまりこんでいる人がたくさんいた。

夫の直前の9番目のおっちゃんがかなりうまくて堂々としていて音も安定していたので、安心して聴けた。

おっちゃんが舞台を後にし、とうとう夫の番(夫もおっちゃんだが)。

猫背にならず、堂々と舞台を歩いてお辞儀し、座っていきなり弾き始めるのでなくちょっとタメてから弾き始めるように、と要らないアドヴァイスをしておいた。

夫、弾き始める。良かった、あまり緊張している様子はない。夫は話をするより楽器を弾いているほうが緊張しない人だということを忘れていた。ミスタッチも少しあったけど適当にごまかして繋げている。ホッ。

良かった・・・と思うと私自身の緊張もほぐれてきて、ちょっと目に熱いものがこみあげてきた。始まったときは早く何事もなく終わりますように、と祈るような気持ちだったが、次第に演奏を楽しむ気持ちになり、もっと夫の演奏が続いて欲しいとさえ思った。

暗譜で、軽くリズムを取りながら弾く姿が、我が夫ながらいつになくカッコ良く見えた。

夫の演奏が終わると、娘を預けているので大急ぎで岐路に着く。

帰るとほっとしてどっと疲れが出た。何度も緊張し、精神的にクタクタになった1日であった。見守るだけというのも結構疲れるワイ。がんばった夫と娘にはご苦労さんと言いたい。また素敵な演奏聴かせてね。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-07-26 22:12 | 生活

娘の甘え方

娘が水疱瘡にかかって今週から幼稚園を休んでいる。先週は夏風邪で2日しか登園できなかった。

水疱瘡と言ってもいたって元気で熱もなく、発疹が出ていることを除けばまったく普通の状態。だけど外出できない。私もずっと家に居る。運動も外出もできず、なんかイライラして非常に退屈してきました。

食料もなくなってきたので昨日は娘に言い聞かせて50分ほどお留守番をさせて買い物に行ってきた。
出て行くときにテレビのアニメチャンネルをつけて、娘はソファに寝転がってそれを見ていた。

帰ってきたとき、室内にほとんど変化はなく、ただ寝転がっていた娘が座っていただけの違いだった。
「ただいま」と言って入っていくと、娘はにこにこ笑顔で迎えてくれた。でもよく見ると、目じりに涙の跡が…。
「泣いてたの? なんで?」と訊くと、「わからない。悲しくなったの」と笑顔で答える。

寂しくなって、一人で泣いていたのか。でも約束したから泣いちゃいけないと思って笑顔で迎えてくれたのかな。ギャアギャア泣き喚かれるよりも、こっちのほうがぐっと来ます。

さっき、娘がおしっこ一緒に来て、と言うので(注 娘は一人でおしっこできる)仕方なくトイレまでついて行ってやったら、便座に座りながら小声で、

「ママだいすき」

なんで小声でささやくのかよくわからんが。なんでおしっこしながらなのかもよくわからんが…。これもぐっと来ます。はっきり言って、娘がこのまま大人の女になったらと思うと少し怖くも感じる。この娘のテクニック(?)を私も少し身に付けたいと思うが、マスターしたところで今更発揮する場もない。

私が夫だったら娘のこの無意識(?)のテクニックに骨抜きにされていると思うのだが、夫は意外に冷静なのである。娘が朝、「パパ行かないで」と言っても「ハイハイ」てな感じであっさり出社して行く。娘が、パパが出て行ったあとケロっとして遊んでいることを知っているのだろうか。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-07-14 13:08 | 生活

・・・

月、火とお休みして、今日は今週初めての登園。

熱は完全に下がっていたけれど大事を取って園でのプールは見学にしてもらい、体操クラブもお休みにした。

1時に迎えに行き、しばらく家でノンビリしてから(少しお昼寝してもらいたかったけれど寝ない)、雨が降っていたので車でバレエ教室へ。駐車スペースが人数分ないので早めに行って場所取り。

車の中でほどなく寝てしまう娘。なんで家で寝ないんだよー、と少し苦々しく思いながら、バレエのレッスンの始まる時間まで、車の中で30分くらい寝かせておく。時間ギリギリになって起こす。なるべくたくさん寝かせたほうがいいかと思いそうしたのだ。でもそれが間違いだったかもしれない。

教室の扉を開けて入るなりグズグズと泣き出し、私にしがみついてくる。

今日はがんばるって言ったのに。楽しみにしている様子だったのに。裏切られた思いでがっかりする。

「じゃあ自分で今日はできないから帰りますって先生に言ってきなさい!」とキレ気味に言う私。泣き喚く娘。

仕方なく、先生に断って娘を車に乗せて帰る。

帰りの車の中でも嗚咽する娘。ネチネチと文句を言いたかったけど、娘があんまり悲しそうに泣くのでそれもできなくて、ずっと黙ったまま運転して家に帰った。

私が先に家に入る。娘は叱られると思ってか玄関に座り込んで部屋に入ってこない。

娘を追い詰めすぎているのかなあ。

習い事のとき泣かれると、すごく頭に来る。イライラするし、「いい加減にしてよ、もうっ」という気になる。

習い事がいやで、行きたくなくて泣くのではない。娘はバレエは好きなのだ。それなのになんで行けないのか。

別に難しくてできないことをやれと言っているわけじゃない。みんなと同じように参加してくれるだけでいいのに…。

発表会は来月。リハーサルもまだ数回ある。今月もある。またこないだみたいに(そして今日みたいに)泣いてできなかったらどうしようと思うと、正直もうやめたくなる。他の生徒さんにも迷惑がかかるので、やめるなら早めに言ったほうがいい。でも娘はバレエやりたい、発表会に出たい、と言うのだ。

「じゃあ練習に参加しないと。なんで泣いてできないの?」と訊くと、「わからない…」と泣く。

病み上がり+寝起きで疲れていたのかな。

今日は、腹も立ったけど、少し娘が可哀想な気もした。私がもっと包容力があって、包み込むような優しさで励ましてやらないと、と思う。でも私にはできないんだ。自分の娘がレッスンに出れなくて泣いていたりするのが恥ずかしいしかっこ悪いと思ってしまう。でも私自身がかっこいいとか悪いとかなんてどうでもいいことだ。娘が安心してバレエを楽しむことができればそれでいいはず。もっとおおらかな気持ちで娘の習い事に付き合っていかないと、こっちが息切れしてしまう。もう息切れしかかってる?
[PR]
# by wumingzhi | 2010-07-07 18:03 | K's Garden

お伊勢詣り

伊勢神宮にお詣りに行ってきた。
歩いて行ってきたのである。

このところ一日20キロを目標に歩いている。その集大成として挑戦してみたいと思っていた。
集大成するにはいささか早すぎる気もするが、本格的な夏が始まるまでにやっておきたかった。

キョリ測で測定してみると我が家から伊勢神宮まで40数キロ。ほぼフルマラソンの距離ということがわかった。

一度、40キロくらいの距離をどんな感じか体験してみたい。

歩いてみて、これを走るなんてとんでもないと思うのだろうか。そもそも歩きとおすことができるのだろうか。

そんな不安を抱きつつ、午前4時に起きる。雨が止んでいなければ中止だと思いながら外を見ると雨は止んでいる。

ベーグル一個食べてお茶を一杯飲んで出発。

私のイメージでは、まだ真っ暗い国道をひたひたと歩く・・・というものであったが、この時期、午前4時半はもう既に明るい。どんどん夜が明けていく。夜歩く感じで行くならもう1時間早く出るべし。

持ち物は極力少なく。
800ccの保冷水筒・350mlペットボトル入りお茶・小銭入れ・ジップロック入りお札・iPod・塩飴・日焼け止めクリーム・サングラス・携帯電話・替えのソックス。これらをリュックとウエストポーチに分けて入れる。リュックはジョギング用の、本当に何も入らないもの。水筒とペットボトルでほぼ満杯。水筒を肩に掛けるのは好きじゃないのでリュックに入れる。

服装はランニングタイツにランニングスカート・長袖ランニングシャツ・帽子・タオルを首に巻き、手袋着用。

できるだけ休憩なしで、目標は8時間。
8時までは薄曇りだったが、8時から急に日差しが照りつけてきた。歩きながら日焼け止めをぬりぬりと塗り直す。サングラスも着用する。

ほとんどずっと国道に沿って歩いて行く。そのうち看板が出てくるはずと踏んで、地理オンチの私が地図も持たずに歩く。

国道には側道か歩道が常にあり、歩きやすかった。道の両側は田んぼが広がり、長閑なことは長閑だが心楽しい風景というわけでもない。

明和町にイオンがある。少なくともここまでは絶対たどり着くぞ、と思っていた。明和イオン7時半に通過。まだ開店していない。

側道を歩いていると、後ろから来た農業トラックにクラクションを鳴らされたのでよけると、運転していたおじさん、「どこまで歩いていくの?」
「伊勢神宮!」と答えると、
「えー?! まあ、がんばって」
と言われた。あんまりそんなこと考える人はここらにはいないのだろうかね。

9時にコンビニでトイレを借り、飲むヨーグルトを買って飲む。そこのコンビニはイートインコーナーがあったので座って飲んだ。

その後1時間半くらい歩いて「伊勢神宮(外宮)3キロ⇒」という看板があったのでそれに沿っていく。すると3キロではなく4キロ以上あったみたいだが外宮の近く、宇治山田駅前に着いた。コンビニでまた飲むヨーグルトと黒酢ドリンクを買って飲む。

本来は外宮に参拝してから内宮に行くのが正式だが、今回は外宮参拝は省略。
夫に電話をかける。「内宮まで4.7キロだからそろそろ出発して」

おかげ横丁あたりで落ち合って皆で一緒にお参りしようと考えていたのだ。

おかげ横丁に到着。伊勢神宮は目と鼻の先だ。12時。7時間半で到着だ。
おかげ横丁のジューススタンドでフレッシュグレープフルーツジュースを飲んで、しばらく座って休憩。

しばらくして、ようやく夫と娘がやってくる。
なんでも娘はあまり体調が良くなく、自転車乗り場に連れて行っても20分くらいで暑いと言って帰り、帰ってから寝ていたという。
でも私と会ってからはまったくそんな様子はなく、ハイテンションでしゃべりまくる。

お参りの前に昼食を取ることになった。食欲があまりなかったが、海鮮丼と生ビールを頼む。ビールが最高においしい~~。

歩いて伊勢神宮に行けたら、おかげ横丁で目に付いたもの何でも食べまくろうと考えていたが、あまり食べたくない。赤福氷だけは食べたかったが、混んでいた。

娘を連れてお参りは無理だということになり、夫と娘にカフェで待っていていもらい、一人でさっとお参りに行った。夫と娘を呼び寄せるんじゃなかったな、と思った。娘は夏カゼになったらしく、帰って熱を測ると39度あった。そのわりに元気なんだけど。

実際行ってみたら意外と余力があり、お昼を食べたらまだまだ歩けそうな感じだったので、今度からは(また行くのか?)歩いて行って電車で帰ろうと思った。

40キロ歩いてみて、これを走るなんてとんでもないと思うかも、と思っていた。
現実には、まだまだ40キロ走れそうにないが、そうとんでもないことでもないかと感じた。
40キロ歩くより走るほうが、時間が短くて済むからいいかなー。

家に帰っても、それほど疲れは感じなかったものの、軽くアトピー持ちで肌が弱いので、汗でところどころ痒くてそれが一番大変だった。

意外と平日、加圧トレーニングを済ませてから限られた時間内に20数キロ歩くほうが大変だったかも。自転車の送り迎えもあるし。

それと、国道沿いに松阪市を歩いているときが退屈だった。ほとんど田んぼであまり変化がなかった。伊勢市に入ってからは多少変化もあるし、それにもう伊勢だということで力がわいた。でも実はどこで伊勢市に入ったかよくわからなかったのだ。国道の青い看板が伊勢まで○○キロ、鳥羽まで○○キロ、という表示がいつの間にか伊勢の文字が消えていて鳥羽だけになっていた。

そうだ、今度は鳥羽まで行こうかなあ。お昼に1時間くらい休んだら充分行けそうな気がしました。
そして二見浦のお土産屋さんで赤福氷を食べたい。夏の間に挑戦するか?
b0020550_16572881.jpg

[PR]
# by wumingzhi | 2010-07-04 16:57 | 生活

エントリー

11月7日の大阪淀川マラソンのハーフ部門にエントリーした。初めてのハーフ。1ヵ月後の初フルに向けての調整の意味合いを込めて挑戦することにした。

今朝は52分ジョギングした後引き続き1時間20分ウォーク。その後20分くらい歩いて合計13キロくらいかな。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-06-29 20:38 | run

飲むヨーグルト効果

9時半から加圧。終わっていったん帰宅し、10時40分から歩き出す。

今日はどこに歩いて行こうとは考えていなかったのだけれど、加圧トレーニング中に整体師さんが患者さんとS市のイオンの話をしているのを小耳に挟んで、なんとなく、「そうだ、S市に行ってみよう」と思い立ち、出掛ける。イオンにたどり着けたら、『鎌倉パスタ』を食べよう、と思いながら。娘がスパゲティ嫌いなので入ったことがないのだ。

しかしS市は遠かった。んなもん、ぜんっぜん、たどり着けんかったワイ。まあ、行って行けない距離ではなかったけれど、交通の便が良くなくて(何しろモーターシティですから皆さんクルマで行かれるんですね)電車やバスですみっと帰って来る、というわけにはいかないので途中で引き返してきたのだった。なにしろ限られた時間内に行動せねばならない身である。

午後1時頃、引き換えしたのだが、かなり疲れて歩みものろくなっていた。休憩を挟まず歩くことにしているが、疲れてどうしても休みたい…座りたい…。よっぽど和食のさとに入って昼食を取ろうと思ったが、思い直してコンビニでお茶と飲むヨーグルトを買った。コンビニの前で飲むヨーグルトを飲んで、また歩き出した。するとどうでしょう!? さっきまでの疲れがウソのように、またスイスイと歩くことができるようになったではありませんか。これって飲むヨーグルト効果? だとしたらスゴイ効果だ。奈良マラソンの給水所にぜひ飲むヨーグルトを置いて欲しい。

そうは言っても帰り着く頃にはやはりくたびれていて、娘を迎えに行くのは車で行った。

5時間40分、推定28.6キロ。もうちょっとで30キロだったのだなあ、惜しい。

イオンに行こうと思ったときは『鎌倉パスタ』だったけれど、実は今朝はなんとなく豚しゃぶが食べたい気分だった。夜は豚しゃぶを食べようと思っていた。

しかし実際30キロ近く歩いて家に帰ってみると喉が渇いていて食欲はあまりなし。昼は結局飲むヨーグルト1本だけだったし。夕方家でパイナップル数切れとグレープフルーツ1個を食べ、アイスクリームを娘と半分こして食べた。夕食はそれだけ。後はただの炭酸水とかビールテイスト飲料をぐびぐび(別に禁酒しているわけじゃなくて、家にあるのビールがそれしかないのである)。

走ると直後は食欲がなくなるものの、しばらくしたら鬼のように復活するが、歩きはあまりおなかがすかないなあ。歩きすぎで疲れてるのかな。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-06-28 21:44 | 肉体改造計画
今朝、娘を幼稚園に送って行くとそのまま家に帰らずスタバへとまっしぐら。ポメラでヨーガ療法士講座の宿題のレポートを書く。

それにしても、なんと集中できることか。テレビもない。ネットもない。ベッドもない。朝のスタバは他のお客さんもほとんどいなかった。デカフェを飲みながら、1時間半ほどでちゃっちゃとレポート2題、完成。

とてもいい気分で加圧トレーニングへと向かう。帰宅して簡単なお昼を食べてからベリーダンスへ。

2時半帰宅。娘を迎えに行くのは5時。2時間半あるので歩こうと思った。が、なんだか疲れと眠気が襲ってきて、布団にゴロリ…。携帯のアラームで目が覚める。もうお迎えの時間。ああ、歩けなかった…。でもまあいいか、レポートができたので。明日も念の為、娘を2時間延長保育にしてある。明日せっせと歩きましょ。

それにしても、ポメラはいい買い物だった。カフェ勉は能率が良い。家ではついついいろんな誘惑に負けてしまうのだ。私は弱いのだ。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-06-24 19:19 | 生活

娘の体操クラブとバレエ

水曜日は幼稚園で放課後体操クラブがある。その後バレエのレッスン。娘にとってはハードな日だ。

幼稚園でプールがあったら、プール→体操クラブ→バレエ、というのはあまりにハード過ぎるかもと思い、体操クラブは休ませようかと思っていた。雨でプールがなかったので体操クラブも参加させることにした。

朝、幼稚園に行く前娘が「体操クラブに行きたくない。やめたい」と言った。バレエは? と訊くと「バレエはやりたい」と言う。
「ママが付いていてあげても?」と訊くと、じゃあやる、と言うので体操クラブに最初から付いていてやることにした。

行ってみると、私にくっついて離れなくて、行きなさい、と言ってもいやがって泣く。
「最初から居てあげたらやるって言ったから来たのに!」とちょっと怒る。

でも体操の先生が「挨拶だけしよう」と言ってみんなのところに連れて行き、挨拶をするとあら不思議、あとはケロッとして楽しそうに体操をやっていた。

バレエでも最初、そばに居ててくれろと言う。父兄は2階バルコニーから見学するようになっているが、娘が離してくれないのでこのところずっと1階のレッスンフロアーで見ている。

元気よくやっていて、途中、本番の衣装に着替えることになった。荷物は2階に置いてあったので一緒に上がって着替えさせると、衣装を着てすっかりウキウキした娘、一人で階段を駆け降りていった。私はそのまま2階から見ていたが、大丈夫だった。

ヨーガ療法士講座が今週土曜日だ。今回はまだレポートが手つかず。やっと今日から始めようと思い、外に出ずずっと籠もってやる予定だったのに、眠くて寝てしまった。
夜、やっと一つだけやった。あと二つ。明日じゅうには終えてしまって、またウォーキング&ジョギングに精を出そう。そんなわけで今週はまだ全然歩いていない。20キロ? なにソレ? な感じである。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-06-23 23:07 | 生活

代休

先週土曜日、幼稚園の父の日イベントがあった関係で今日は代休。

ゆうべは10時くらいまで娘に『リトルマーメイド』のDVDを見せた。遅くまで起こして、翌日遅くまで寝かせようというつもり。私が二度寝できるように。

ゆうべ10時過ぎ頃、同じクラスのお母さんから、今日の代休子供を一緒に遊ばせるお誘いのメールが来た。10時から海辺で遊び、その後海近くの店でランチという計画。

私は朝ゆっくり寝たかったのでランチから参加する旨、返信しておいた。

娘は今朝は10時頃まで寝るだろうと思っていたのに、なぜか夫が起きるのと一緒にいつもと同じ時間に起きてしまう。何のための『リトルマーメイド』か!?

でも私は意地でも二度寝する。娘が耳元で大声で歌ったり、脇の下をひっかかれたり、いろいろあった気がするがあまり覚えていない。娘がずっと起きていたのか途中少しは寝ていたのかもわからない。

10時半頃起きて、急いで準備して10時50分に家を出る(朝食は7時台に済ませている)。
車で行くのだが、海辺まで運転して行くのは初めてで緊張する。
しかも、右折しようとしていたポイントが道路工事で右折できなくなっていた。もしかしたらできたのかもしれないが、私のとっさの判断ではわからなかった。
右側車線に入っていたのに左側に戻らなくてはならず、ルームミラーを見ると真後ろに巨大な獣のようにトラックの姿が映っていてドキドキした。

なんとか左側車線に移動することはできたが、右折ポイントを逃し、しばらく直進してから左折してぐるっと回ってなんとか海まで行くことに成功。予想外のことが起こるととっても緊張してしまう…。車線変更もままならない、気の小さい自分がイヤになる。

男の子のお友達3人で、女の子は娘一人だった。ランチしたり、遊びまわる子供に屋外のカフェで時々声をかけたり追いかけたりしながら、5時間くらい過ごした。レストラン内を走り回る子供を追いかけたりして、なんだか疲れた。昨日のリハーサルでのできごとがこたえているのかもしれない。娘がはしゃいで大声をあげているのを見ると、「キミの本性はわかってるんだからね」とちょっぴり皮肉な気分になる。

娘一人だと外食に行ってもおとなしくしているし、店内をうろつくこともない。そんなことすれば即退出する。でも元気な男の子の友達と一緒だと娘も普段より活発になるみたい。
今日は家に居たほうが良かったかなとちょっと後悔した。ママ友トークもなんだか弾まない。初めての道を運転するのも気疲れした。

途中の移動と帰りはママたちの車に挟んでもらって行った。人の運転について行くのはわりとラクだなあ。こうやって、しぶしぶでも車ででかけていろいろ経験積むほうがいいのかもしれない。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-06-21 18:26 | K's Garden

バレエ・リハーサル

昨日は娘のバレエ発表会のリハーサルだった。

県の総合文化センターのリハーサル室を借り切って、教室のいろんなクラスの生徒さんたちが一同に集まってくる。

娘の本番の衣装ができてきて、ひとりひとりそれを渡してもらう。
娘は、同じクラスのYちゃんがまず受け取って着ているのを見て、
「Yちゃんかわいー! 天使みたい…」とうっとり。

ところが、自分が受け取る番になると泣き出してしまい、取りに行けない。
先生が「泣いてる子にはあげませんよー。泣かないでできる人にだけあげます」と言うのを本気にして、自分はダメだ、と思ってしまったらしい。

この日は早めに会場に着いたので、図書館で時間を潰したりしていた。その間、できなかったスキップが突如できるようになり、本人やる気マンマンで、「早く踊りたいー」と言っていたのに。いざとなるとなんでこうなるの。歯がゆい娘だ。

リハーサルに参加することもできず、私から離れられず泣きじゃくる娘。娘のほかにはそんな子一人も居なかった。もうがっかりだ。なんでこうも弱っちいのだろう。

今日は先生の先生と、そのまた先生である大(おお)先生が来ている。リハーサル室に現れた大先生に、みんな舞台衣装を着て駆け寄り挨拶している。娘は私の膝にしがみついて泣いているだけ。もどかしさと苛立ちで血の気が引く思いがする。

1時間ほどのリハーサル時間の、最後の最後になってようやく一回だけ参加することができた。それだけが救いだった。良いイメージを持って次回のリハーサルのときは最初から参加できますように。

終わった娘は、同じ幼稚園の別のバレエクラスに通っているお姉さんを見つけ、鬼ごっこをしてはしゃいでいた。その元気を本番まで取っておけ! と言いたかった。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-06-21 18:11 | K's Garden

雨中のブリーフマン

ゆうべ、足の裏が少し熱を持ったように熱くなっていた。

朝起きたとき少し体がだるく感じたが、お弁当を作ったりしているうちに元気が湧いて来て、今日も絶好調! という気分とあいなった。

娘を送って行って、田んぼの周りを歩こうと思ったら、クラスメートママのUッキーがつきあってくれたので一緒に田んぼを二周する(4キロ)。途中で雨が降ってきたが小さなアマガエルをたくさん見つけたりして楽しかった。

Uッキーは5キロ痩せたらミニスカートとトレンカとミュールをはく、と言っている。じゃあ私はマイナス6キロね。そして二人でミニスカ、トレンカ、ミュールで登園してみんなを沈黙させようと約束した。

私たちと逆周りしてくる、かなり走りこんでいるような男性がいた。長いTシャツを着ていて、ボトムを何もはいていないように見える。

男性が走りすぎるとUッキーと二人でこそこそと、
「今の人、ブリーフ?」
「ええっ? ブリーフはいて走ってる人なんて見たことないよ。ビキニパンツ? 雨だからかな?(なわけない)」
などと言い合う。私たちが2周する間に彼と4回すれ違った。よく見たらちゃんと短パンをはいていた。Tシャツの裾に隠れて見えなかったのだ。

今日はジムで少し歩いたり、ジムの行き帰りも合わせてやっと10キロ。10キロくらいでは物足りない体になってしまった(なーんて)。

しかし、昨日の疲れが今日に来たのか、午後から体がだるかった。軽く筋肉痛もある。

ジムで少し腕の筋トレをしたら疲れた。ジムから帰り、娘を迎えに車を運転したらハンドルが重かった。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-06-18 22:07 | 肉体改造計画

26.6キロ

今日は加圧もあるしベリーダンスもある。そんな中で20キロ、歩けるのか?

実は今日は勝算があったのだ。娘を延長保育にしているから。

幼稚園は2時に終わる。ベリーダンスのレッスンが終わるのも2時。だから木曜日はいつも延長保育にしている。2時半には迎えに行けるのだが、2時半に行っても5時に行っても延長保育料金は同じなので、最長の5時まで入れている。なにより、早く迎えに行っても娘が帰りたがらないし。娘は幼稚園よりひまわり(延長保育クラスの名前)のほうが好きなのだそうだ。

娘を送って行き、昨日見つけた田んぼの周りを8時50分から40分間走る。歩いて帰宅。荷物を持ってウォーキング再出発。加圧トレーニングは11時半からだから、ジョギングも含めて2時間半歩いた。

家に居てぼーっとネットしたりしていると、2時間半なんてあっという間に経ってしまう。でも歩いている2時間半は長かった。
今日は、行ったことのない海岸に行ってみようと思ってだいたいの方角だけ頭に入れて適当に歩き出した。バス通り沿いに歩いていたので間違ってはいなかったのだが、海はまったく見えてこない。
道幅のだだっ広い、殺風景な通りで何もない退屈な道。結局海岸まで3キロという看板を目にして時間切れになり来た道を引き返して加圧に向かう。

整骨院に着いた頃にはすっかり疲れていた。今日はトレーニングできないかも、と思った。しかしやってみると案外できた。おまけに加圧トレが終わる頃にはなぜか歩いていたときの疲れがほぐれていた。なぜだ?

帰ってさっとシャワーを浴びて着替え、ゼリーを食べてからベリーダンスに向かう。1キロくらいの道のりも全部歩き。

レッスンから帰り、ゆで卵やそこらへんのお菓子などを食べてからまた出かける。正直、あまり出かけたくなかった。シャワー浴びてさっぱりしてゴロゴロしたい。また外に出て汗をかくのか。歩くのにもちょっと飽きた。

でも20キロ目指してがんばる。今日は20キロ以上歩くつもりなのだ。

3時10分に家を出て、ずっと歩いて、幼稚園に着いたのはギリギリ5時。

26.6キロ。やった。30キロも目の前だ。しかし私、何やってるんだろうという気もする。そろそろヨーガ療法士講座の宿題のレポートもしなくては。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-06-17 20:03 | 肉体改造計画

母が来たが私は歩く!

ゆうべは寝床で読書していたが、猛烈に眠くなって転げ落ちるように眠りについた。
今朝は6時前に自然に目が覚めた。気分はスッキリ、まったく眠気は感じない。

今日もバリバリ歩くぞ~!! と勢い込んでいたが、今日は幼稚園で聖書を学ぶ会がある日であった。この会には役員は半強制的に出席。その後、簡単な役員打ち合わせがあり、歩くことができたのは10時50分くらいから。

今日は母が遊びに来てくれて、11時半頃家に着いたが、母は放っておいて歩く。

歩いて幼稚園に迎えに行き、母に車で来てもらい、娘と母と3人でイオンでおやつを食べて帰る。

帰宅後すぐに娘を着替えさせ、私も着替えてバレエ教室へ。帰ってからお好み焼きを食べに行く。

今日は15.5キロ。うちジョギング40分。
園の近くにとても良いジョギングコースを見つけた。1周約ニキロの田んぼ。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-06-16 22:28 | 肉体改造計画