日々のこと


by wumingzhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
26日夜から、病院で処方された薬を飲み、3日続けて飲む抗生物質がもうなくなったので、咳の薬(喘息や鼻炎の薬)を飲むのも一緒にやめてみたところ、体のだるさもなくなった。咳もほとんど出なくなったので、やはり花粉症ではないらしい。

29日から実家に来ている。今回の目的は山に登ること。
といっても娘を連れてそんなに登れるわけもない。
とりあえずは伏見稲荷にリベンジ登山をして、それから鞍馬山に行けたらいいなと。

1月に伏見稲荷に行った時は体調が悪くて一の峰に登頂できなかった娘。
今回はあっさり登頂。岩の上でお約束のおにぎりをほおばり、茶店に移動してソフトクリーム。私はぜんざい。

伏見稲荷の翌日、というと昨日のことだが、鞍馬山に登った。
叡山電車鞍馬口を降りて山門を入ると娘と母は速攻でケーブルカー乗り場へと向かう。ケーブルカーなんてのがあったんですね。

私はもちろん歩いて登る。本当は走って登りたいところだが、それは無理。
10数分で本殿到着。ケーブルカーというのも娘と母にはなかなか良いチョイスだと思えてくる。

本殿にお参りしてから娘らと落ち合い、奥の院~貴船口へ。
料理屋で昼食。娘と母は茶漬けとそばを分け合い、私はまたしてもぜんざい。

実は、前日の昼間伏見稲荷から帰ると体重が1.6キロ減っていたのである。
伏見稲荷でぜんざいしか食べなかったからだろうと思う。これでぜんざいはダイエット食と私によって認定された。
伏見稲荷での運動量じたいはたいしたことないが、その後一人で河原町をウィンドウショッピングでうろついていたのが効いたのかもしれない。

茶店から叡電貴船口駅までは2キロ以上あるが、娘は私の母と手をつなぎ、テンポ良く歩いている。

帰ってからも娘は昼寝するでもなく、大声を出してはしゃぎまわり、うるさいことこの上ない。意外と体力があるというか、もっと運動させて発散させないとならないようだ。子どもの体力を甘く見ていた。

『脳を鍛えるには運動しかない』という本を読み、自分だけでなくもっと娘に運動をさせなければ、と思っている。あと、夫にも(←こちらのほうが難しいかも)。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-04-01 07:36 | 生活
三重の絵本作家展に行ってきた。訪れるのは二度目である。一回目はこの展覧会が始まった翌日の3月13日。

娘はこのとき、おざわよしひささんというイラストレーターのことを気に入り、会場に居たおざわさんのあとをくっついて、かくれんぼをして遊んでもらったりしていた。

今日、おざわさんに再会できて、またもや娘はくっついて離れない。よほど気に入ったらしい。おざわさんが挿し絵を描いている『フシギ伝染』という本を購入して、サインしてもらった。娘は宝物だと言って喜んでいる。メガネとニットキャップの似合う、繊細な好青年だが、こういう男性が娘のタイプだったのか。確かに同じクラスにはいない大人の男性の魅力?を感じるのかも。

今日は絵本作家による自作の読み聞かせの時間があり、娘を連れて参加してきた。そこでコマヤスカンさんという三重県亀山市在住の絵本作家と出会った。コマヤスさんはボツになったという未発表作を紙芝居にして読んでくれた。
その作風と作者のなんともいえないほのぼのとした雰囲気に惹かれて著書を購入。その後、展覧会場でご本人を見つけてサインしていただく。

コマヤスさんの最新作『新幹線のたび』は会場に出してもすぐに売り切れてしまうということなので、帰宅後アマゾンでチェックしてみた。

出版社と著者のコメントを読み、涙が出そうになった。
本来ならコマヤスさんの読み聞かせは13日に予定されていたのだったが、その日は中止になっていたのだ。三重在住の方なので、来られなくなったというわけでもないだろうから、中止は別の理由だろうと思っていた。こういう世界を表現している人だから、自分が直接被災していなくても、とても冷静な気分ではいられなかったのだろうなあと今になってわかった。
本当なら、新幹線さくらの開通と共に華々しく発売されていただろうこの美しい絵本が、たくさんの人に読まれると良いなあと願う。

もし予定通り13日にコマヤスさんの読み聞かせが開催されていたら、聞きに行っていなかっただろう。そうしたらコマヤスさんの絵本を買うこともなく、ほのぼのとしたお人柄に触れることもなかっただろう。そう思うとこれも縁なのかも。

会場でも、お客さんからの手紙にたくさんお返事を書いていた、とても誠実なコマヤスさん。応援していくど!!


風邪をひいて一ヶ月くらいになる。途中治ったと思って走ってまた風邪をひく。今はセキが止まらないので昨日とうとう耳鼻科を受診した。

先生はあっさり、「あっ、花粉症ですね」。

かふんしょう?
いや、私花粉症じゃないですよ。セキがでるだけですし。

なんでも、ノドに来るアレルギーもあるそうで。なんだかショックだ。なぜか自分だけは花粉症にはならないと思いこんでいたのだった。

でもどうしても納得がいかない。ちょっと前までは確かにカゼの自覚症状があった。そして私のカゼはいつも最後にものすごくセキが出る。そして治る。それが私のカゼのパターン。それが私のカゼ人生(オオゲサ)。そんなことも知らないで、30秒ほどで花粉症と決め付けられてしまうのは、なんか違うと感じる。

しかしまあ、処方された咳止めの薬を服用する。去年の11月にやはりセキで受診したときとまったく同じ薬だ。抗生物質と鼻炎(咳止め)の薬、貼り薬。

今朝。体が重い。頭がどんよりする。ヤル気が出ない。だるい。ジョギングなんてまったくしたい気分ではない。

なんだろう、この気分は。なんとなく懐かしい気もする。
去年の11月にこの薬を飲んだときも同じ症状があった。ということは薬の副作用だ。原因がわかると少し安心するが、この薬もうしばらく続けないといけない。げんなり。でも確かにセキはかなりおさまった。
去年のときはこの薬を飲んで気分がどんよりするあまり(というわけでもないが)、奈良マラソン出場を断念したという苦い思い出がある。来月はハーフマラソンだ。もっと走りこんでいないとならないのに、カゼが続いてろくに練習できていない。セキが治まったらガンガン行くで~。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-03-27 17:36 | 生活

Satisfaction

自転車でとあるガソリンスタンドのそばを通った。

そのスタンドでは以前にドアーズのL.A.Womanが流れていたことがある。
私はドアーズのファンなので、耳がピーン。

いまどき、スタンドでドアーズってあんまりかからないと思うのだが。しかもL.A.Woman。

そして今日はそのスタンドからストーンズのSatisfactionが流れていた。
その時代のロック好きの店員が居て、有線チャンネルを合わせているのかな。

運転するようになっても自分で給油したことはまだ1回しかない。今度このスタンドに行ってみようか…。

三月は毎日更新月間と言いながら、さっぱりだ。有言不実行。

話は変わるが、今、強烈に自分に言い聞かせていることがある。

「今を生きる。一分一秒を大切に生きる」

娘を見ていて感じたのだ。

娘は、お風呂上りにパンツをはかせるにしても足をばたばたさせてふざけまわり、なかなかおとなしくはかせようとしない。自分ではきなさい、と言うとこれまたものすごく時間がかかる。
そんな娘も、日々成長している。

娘はそれで良い。毎日毎日、だらだらちんたらしながらもどんどん大きくなっていく。前の日にはできなかったことができるようになり、知らなかった言葉を一つずつ覚えておく。
でも、それに付き合っている私はどうなんだ? 何一つ成長していない。娘と同じ時間軸で生きていると、やがて私には何もナイ、という日が来るのは目に見えている。「はようパンツはけー!」と怒鳴り散らしているだけでは。

毎日、片付け物をちゃんとして、手料理も心を込めて。1ページでもいいから読書しよう。1時間半あれば毎日10キロ走れるはず。それくらいは娘が幼稚園に行っている間に全部できる、はず…。

今朝、娘が言った。
「Kちゃん、勉強しようっと。あしたから」

私は娘に言った。
「明日っていうのは永遠に来ないんだよ。明日って言ってたら何もできない。なにかやろうと思ったら今日、今、この瞬間から始めないと!」

我ながらいいことを言った、と思ったが、娘、聞いちゃいない。
どうも私の話はいつもことごとく長すぎて、5歳未満の娘の心には響かないらしい(ついでに夫の耳にも)。
子どもとオッチャンの心にズバンと響く話し方を研究しようっと。今、この瞬間から。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-03-10 21:36 | 生活

ショック〜

今日はベリーダンスのレッスン日。

娘を延長保育にして、着替えてスタジオでスタンバっていたが、時間になっても先生も生徒も誰も来ない。

おかしいと思って受付に聞きに行ったら、先週のレッスンで最後で、クラスがなくなったんだと。

そんなー。先週先生から告知があったらしいけど、私、先週は卒論の追い込みで休んだのだ。

YICが終わって今月はベリーに燃えるつもりだったのに。
これから新しい教室探さなきゃ。

DVD貸したままの人もいるのに。レッスンで会えると思って、電話番号も聞いてないし名前もあやふや。どうしよう。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-03-03 20:40 | 生活

b0020550_7195779.jpg

外は霜が降りてた。小雪も舞っていたような…。

なかなか暖かくはならんですなー。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-03-03 07:19 | 生活

はー

三月はブログ毎日更新努力月間。

と思ってリトミック発表会のとき感じた娘の成長についてせっせと書いていたが、一瞬の操作ミスで消えた。がっくり。やる気なし。やっぱりポメラに書いて数日分まとめて投稿することにしよう。

ポメラと言えば、今回YICの卒論を書くのに大活躍してくれた。卒論のためにipadを買ったと言っている人がいたけど、アナクロな私には、ポメラで充分すぎるほど。

ポメラで草稿を書いてしまい、それをパソコンに落とす段階になると、はかどらないことといったら。どうしてもパソコンだといろいろ余所見してしまって集中できないったらありゃしない。まあ、私の意志が弱いからなんでしょうけど。

昨日美容院に行ってきた。早く終わればジムに行こうと思っていたが、ふとジムは月末最終日は休館だということを思い出した。

さて、雨も降っていることだし今日こそジムに行こうと思った。でもジムのプログラムをよく見たら、お休みは月末でなく月初の1日であった。今日もジムに行けず。何やってるんだか。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-03-01 13:08 | K's Garden

リトミック発表会

今日は娘のリトミック発表会だった。

リトミックを始めてから3年半。最初のうちはベビーカーかかえてバスでの行き帰りもなかなか大変だった。発表会で大泣きしてしばらくクラスに出られなくなって悩んだことも。

今はもう、放っておいても勝手にやるようになって、ラクチンだ。

私は子供たちの点呼係だったので、舞台袖で出番を待っていたけれど、前のクラスの真っ最中なのに、音楽に合わせてみんなしてじわじわ~っと舞台に出て行きそうになるのを押し留めていた。
あんまり緊張はしていなくて、みんな早くステージに立ちたくてたまらないみたいだった。すごく可愛かった。

なんかずいぶん成長したなあと思った。

途中で夕食を食べてから帰宅し、録画しておいた東京マラソンを鑑賞。期待していた藤原新選手はダメだったようだが、一般ランナーの川内選手の激走にはビックリ。感動した。フォームとか、エチオピアやケニアや実業団の選手とは違うような感じで表情もとっても苦しそうなんだけど、気持ちで走っているという気迫に満ちていた。そして気持ちがあればここまでできるものなんだと思った。もちろん、才能もあるのでしょうけれど。

録画しておいて良かった。また見よう。

昨日、カゼで咳が出ていたのに打ち上げで喋りまくったせいで、声がガラガラになってつらかった。人と話をするのも恥ずかしくていやだし、話したくても声が出にくいのですごくつらい。早く治れ~早く!
[PR]
# by wumingzhi | 2011-02-27 22:24 | K's Garden

卒業!

一年間がんばってきたYIC、本日終了。

まだ卒業できたと決まったわけじゃないけど…たぶんだいじょうぶでしょう。

試験が終わって、他の班の打ち上げに混ぜてもらってインド料理店に。
カゼひいてて喉がつらかったのに、喋りっぱなしだったもんだから声がガラガラになっちゃった。

不思議なんだけど、YICで出会った人たちとはすぐに気持ちが通じ合えて何でも話せる気がする。

卒業と言っても前期の話。自由だけど、後期も受講するとなるとあと2年。私は続けるつもり。今度は放り出さないぞ。

とりあえず明日は居間の片付けと娘のリトミック発表会だっ。気分すっきりさわやか~。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-02-27 00:13 | Yoga

今後やりたいこと

今後、というより明日からやりたいこと。

ランニング
断食
断捨離
カフェインを断つこと
読書

明日は娘のリトミック発表会。
帰ってからどこか一箇所、家の掃除をしよ!
今いちばんやりたいことはやっぱり読書だな。ピーの本を買って読むことが一番したい。

三月の目標は毎日ブログ更新だ!!

今日は卒業試験。あいかわらず気が散る…。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-02-26 03:01 | 生活

卒論、完成!

やっとでけた~。ほぼ一ヶ月かかったがな。

ずっとかかりきりだったわけではなく、頭の中のどっかに常に引っ掛かりながら、別のことをしていたというだけのことだが。

それなら集中してちゃっちゃとやってバリバリ遊びなさい!

ハイ、これからはそういう人になれるようにがんばります。

提出はあさって。明日一日のびのび~…なわけではなくて、あさっては筆記試験と実技試験がある。
筆記は資料持込可。実技も資料持込可。とはいえ資料をまとめたり読み返したり、で一日忙殺されるだろう。ていうか、試験の準備が1日しかないってどうなんだ? たるんどる!!

でもまあ、期日内に卒論が書けてバンザーイだ。

朝4時半に起きて書こうと思い4時半に起きても、なぜか書き始めるのは5時半になっていたりする。7時前には家族が起きてくるし、お弁当も作らなければならないからそんなじゃ全然だめだと思って、起きるのが3時半になり(書き始めるのは4時半)、1時半になり…。そうかと思えば全然起きられなかったり。

とはいえ、早朝起きて卒論を書いていて思ったこと。起きられた日限定だけど。

私、こういうの嫌いじゃないんだ。ヨーガを研究して本読んでまとめたりすることって面白い。最初のうちは、せっかく早起きしてるんだから勉強じゃなくアーサナがしたいって思ったけれど、何日か続けるうちに、「これもヨーガなんだな」と深く納得しながら進められるようになっていった。知識を通して進む学問のヨーガ、ギヤーナ・ヨーガですな。ちなみに、ギヤーナ・ヨーガもアーサナのヨーガも至る道は同じと言われておる。

そして早起きも好きだ。以前はひたすら夜型だったけれど、朝のほうが集中できることに気付いた。起きられた日限定ではあるが。

卒論をまとめることで、自分というものを見つめる時間が持てた。そのことだけでもすごく価値があった。誰もこんな初心者の書くものに期待していないだろうから、そのことが卒論を執筆するという狙いなのに違いない。

卒論提出したら、筆記と実技がダメダメでも卒業できるよね? …っていうのは甘すぎ?

卒業と言っても、5月からは2年目に突入するのですが。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-02-24 23:35 | Yoga

そういえば

先月末、出場予定だった地元のマラソン大会10キロ部門のこと。

大会は日曜日で、ちょうど大会の1週間前の日曜日に家族でお伊勢さんに初詣。その日の夜からどうも体調がおかしい。高熱が出て3日くらい寝込んだ。幼稚園の送り迎えも義父に代わってもらった。
喉がひたすら痛い。自分の唾を飲み込むのも痛くて、もちろん食欲もないし痛くて食べ物が飲み込めない。熱は連日39度台。大人に39度の熱はきつい。あまりのしんどさに病院にも行けなかったが、水曜日にようやく病院に行く気になった。夫が休みを取って連れて行ってくれた。診断の結果は扁桃腺炎。

「日曜日、マラソン大会で10キロにエントリーしてるんですが…」と相談すると、苦笑する先生。体力が戻って走れるようだったら出ても構わないですが…という感じ。

というか、自分自身出られる気がしなかった。
病院の薬が効いて、ようやく起きて幼稚園の送り迎えもできるようになったのが木曜日。そこから日曜日に10キロ走るところまで体力は回復するのか?

奈良マラソンに続いてDNS(Did not start) ですか?

でも、会場には行くつもりだった。というのも、園ママを誘って(=そそのかして)彼女は5キロ部門にエントリーしていた。初マラソン大会だ。せめて応援にだけでも行かなきゃ。

1週間ずっと走っていなかった。ほぼ寝たきりで、食べられなかったので2~3キロ痩せた(それは嬉しかったケド)。
土曜日の夜、ちょっとだけ家の周りを走ってみた。身体は軽い。息が切れるということもない。私の心は決まった。とにかくスタートラインには立とう。地元の10キロの大会なんてたいしたものではないかもしれない。でも2回連続DNSはイヤなのだ。自分がダメ人間と自分自身に認定されてしまいそうな気がして。

大会当日。天気は良かったが風が物凄く強かった。そして地元の人はみんな結構早かった。たぶん、大きな大会のように、
「ノリでエントリーしちゃいました、人生で10キロってまだ走ったことないけど」というような若者や、
「ウォーキングかわりに出てみようかな」というようなお年寄りの参加が少なく、10キロなら10キロ練習している人が出場するみたいで。

最後尾から数えたら早いような位置でトコトコ走り続けた。
いつものような、7キロくらい走った時点で湧き上がる歓喜や身体の軽さはまるでなく、しんどかった。

でもとにかく、歩かず、最後まで走ってゴールした。

タイムは昨年の初10キロレースの志摩より2分短縮。しかし志摩と較べてほとんどアップダウンのないコースなのにわずか2分の短縮とは。

しかし走れて良かった。自分が、というより人間の体はなかなかたいしたものだと思えた。3日前まで高熱出して寝込んでいたのに、曲がりなりにも10キロ走れるまでに回復できるのだ。

この大会で10キロ完走したことで、なにか凄く吹っ切れた。自信がついた。人から見たらプッと笑ってしまうような些細な出来事かもしれないが、自分自身をとてもかけがえのない存在と感じることができた。自分を大切に思えないと、他のすべての人たちや物事を大切に思うことはできないしね。

私にとっての大きな一歩となった。

途中、5キロ地点くらいで住宅地のおばさんたちが応援してくれていた。でも、かけてくれた言葉が、

「がんばって! まだまだ先あるよ!!」

だった。それって、10キロだからまだ良いが、フルマラソンの20キロとか30キロ地点で言われたらすごくめげそう。もちろん、応援してくださる気持ちはすごく嬉しくて力になりますが。

ひとつ、私にとってとてもエキサイティングでかつ悔しい出来事がありました。

同じ10キロ部門に東洋大の田中君が出走していたのですよ! 東洋大の田中君といえば、山の神・柏原選手のチームメートで、柏原君が「やったぞ、田中!」という言葉を捧げたことで有名になった(?)、地元出身の選手であります。

実は、10キロを走りながら田中君のことを考えていた。
彼もいつか故郷に帰ったとき、この大会に出たりしないかな。今は大学も始まってるだろうから無理だろうけど、卒業してからとか。もしかしたら子供の頃出たこともあるかもしれないな。

そんなことを徒然に思いながら走っていたのでありました。

帰ってから大会パンフを見たら、なんと招待選手に田中君の名前が。レース後もらった地元新聞の号外には、確かに10キロの最前列でスタートを待つ彼の写真がありました。

全然知らなかった。ゲストランナーとしては女子サッカー選手が来て、ステージで挨拶したりしていたけれど、招待選手の田中君に関しては特にアナウンスはなく。というか、開会式のときは私、温かい体育館の中にいました。

同じ10キロ部門だったので、まったく気付かなかった。彼は最前列スタートだし、私は最後尾でシロモチくんの写真撮ったりしてた。これが、田中君が出たのが5キロとかだったらまた話は違っていた。5キロは10キロの15分後スタートで、私は5キロ部門の先頭集団に追い越されてますから。あー、田中君に追い越されたかったわ。まったく気配を感じることもなく、それなのに私は彼のことを考えながら走っていたなんて。

というわけで、地元大会もなかなか良いもんです。ちなみに園ママも無事5キロ完走されました。
娘もパパと一緒に2キロのジョギング部門を完走しました。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-02-23 03:24 | run

ギョエ!!

昨日(2月22日でニャンコの日らしい)発売日のランナーズを買ってぱらぱらと見ていたらなんと、

もう大阪マラソンのエントリーが開始してるじゃないですか!?

10月なのでまだまだ先だと思っていたが…さっそく大会オフィシャルサイトにアクセスしてみると、2月15日から受け付け開始でもう既に定員(3万人)に達していると。

定員オーバーにつき抽選になったので、申し込みだけはできた。

当選するかわからないけど、もし当選したら、今年は初フルに向けてランニング中心の一年になる。カモ? 

ヨーガセラピー講座卒論執筆に集中するためブログの更新をしていなかったけど、まだ完成してないがようやくめどが立ったのでちょっとホッとして更新してみた。卒論提出及び卒業試験は2月26日。2月になってからはランニングもほとんど自粛していた。
3月になったら運動しまくるぞ! 毎日ばったり倒れる寸前まで走り回る。真面目にジムに通ってエアロとかもしてみたい。とっても楽しみ。

伊勢神宮徒歩でお参り第二弾にも挑戦してみたいなあ。ベリーダンスのワークショップもあるし。ああ、いろんなことが楽しみでウズウズします。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-02-23 02:47 | run

名古屋は吹雪~♪

でした、昨日。

行ってまいりました、ジュリーお正月コンサート『BALLAD AND ROCK'N ROLL』。

今回は珍しく事前にセットリストを調べずまっさらな状態でこの日のコンサートに臨んだのだった。

いつも愛読している数々のジュリーブログも今年に入ってからきっぱりと読むのをやめた。

そんな状態で行ったコンサート。

今回は今までと何もかも違っていた。
でも凄く良かった。曲も好きな曲、聴きたい曲ばかりだった。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-01-17 05:13 | Julie

外は吹雪~♪

というほどではないですが。

山の実家に帰ってきております。雪に半ば閉ざされていて、山道ランニングの練習がまったくできず、当て外れ。

おまけに今日帰る予定だったのに、昨日から娘が熱を出し、帰宅は延期。結婚前勤めていた地元の病院に連れて行った。先生や奥さんとも挨拶できたからそれはそれで嬉しかったけれど。

昨日伏見稲荷に行ったのだが、行きの車の中からなんとなく元気がないなあと思っていた。
こないだはスイスイ歩いていた階段もヨロヨロで、てっぺんまで行けず娘は9合目で断念。そのときはそんなに具合が悪いとは思っていなかったのだが(スゴイ勢いで鮭おにぎりをむさぼり食べていたし)、帰ってから熱を測ってみたら39度5分。可哀想に無理をさせてしまった。

そんなこんなでジョギングできないぶん、ダイエットに励んでおります。

そうそう、今年は箱根駅伝をテレビ鑑賞したのだ。じっくりとすべて観たのは今年が始めて。今まで気になっていたものの、正月2日3日とテレビの前に半日張り付いているのは不可能だった。

今年は絶対見るぞと決意して、箱根駅伝を見るためにスケジュールを組んで万全の体制でテレビの前に座った。

いやあ、良かった。今まで箱根駅伝を見なかった何十年を損してきた。これからは毎年見るぞ。そしていつか実際にどんな坂かこの足で登ってみたい。歩いて。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-01-07 12:41 | 生活

Kの日常~日曜日編~

朝7時半頃起きる。

両親と共にウォーキングを兼ねてスタバへ。片道2.5キロ、往復5キロ。ココアを飲み、さつまいもの五穀マフィンを食べる。

帰宅、おじいちゃんと畑の野菜を収穫。

両親に連れられ車でサティへ買い物へ。ママはクリスマスプレゼントを買う。K本人には知らされず、その間Kはパパとにこぱ(子供の遊び場)へ。

帰宅、カタカナカードで遊ぶ。
昼食。ゆうべの晩御飯だったのに食べなかったカレーを食べさせられる。でも食べてみたらおいしい。食後、実業団女子駅伝を集中して見たいママの邪魔ばかりして嫌がられる。
昼食後歯を磨いたのに、にこぱでもらってきたペロペロキャンディーをお昼ごはんのあと食べてよいと言われていたことを思い出し、「ぜったいまた歯を磨くから」と約束して食べる。

2時50分、ピアノの練習。ママに叱られ倒される。集中してやれば15分で済むのに、ダラダラするので結局1時間くらいピアノの前に座るはめに。半分以上はママに見放されて勝手に遊び弾き。

夕方、ママと一緒にマラソンの練習。来月、地元のマラソン大会の2キロジョギング部門に出場する(させられる)のです! 約1キロほどをゆっくり走ってみる。

お料理のお手伝い。今日買ってもらった子供用セラミック包丁でにんじん・かぶ・イカを切る。にんじんとかぶは家の畑でとれた物。おじいちゃんが作った野菜をKが切ってママが料理して、おいしい煮物になりました。

ママが晩御飯を作っているあいだ、ビデオのマンガ日本昔話『さるかに合戦/たのきゅう』を見る。こんなものでもKにとっては刺激が強いらしく、こわがったり大笑いしたり。

夕食。パパとママはワインを飲んでごきげん。Kは麦茶。

夕食後、どうしても見たくなってマンガ日本昔話をもう一編だけ、『河童の雨乞い』を見る。パパはこっそり涙を拭いている。

パパにお風呂に入れてもらい、ママに絵本を読んでもらって眠りにつく。8時。Kとしては少し遅いくらい。8時就寝では睡眠が足りないらしく、夕方6時台に寝ても平気で朝まで寝る。思えば赤ちゃんのときからよく寝る子ではあった。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-12-19 20:53 | K's Garden
万年ランニングウェア・通園ラン現在お休み中。

またしてもカゼ。

私ってもしかして体、弱いのか? 自分では好き嫌いがなく、体が丈夫で体力があるのだけが取り柄と思っていたけれど、好き嫌いがないことしか当たっていないぞ。

前みたいにこじらせたくないので今回は速攻病院に行ってきた。週末の飲み会幼稚園クリスマス会に向けて悪化させないように…。

ここ数日、娘と一緒に寝てばかりいた。夜7時くらいから母娘で寝る。寝る。寝る。

家に閉じこもって寝てばかりいたら、なんだか憂鬱で暗い気分になってしまった。少しは外出もしないと。今朝は美容院に行ってきた。

そして帰ってきたらお義父サマが受け取ってくれていた書留を持ってきてくれた。ジュリーのお正月コンサートのチケットです!!

なんか、良い席のような予感がしたのだ。お義父さんの手から渡されたからね。私が直接受け取るより、絶対良い知らせのような気が。

そしたら思ったとおり!! 一階一ケタ席だあ!!

このホール、ジュリーのコンサートに限らず一階席って今までなかった。こないだのコンサートで初めて2階席で、「おっ! ここの2階って実質1階やん!」と感激したものだ。

お正月コンサートはこの1回限り。存分に楽しんでこよう。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-12-16 13:00 | 生活

ランウェア効果

通園ランを始め、常にランニングウエアを着用することにして数日。

早くも肉体に変化が現れてきた。

数日ぶりにジーンズはいたら…あれれ?

キツくなってる!!(ドタッ)

毎日ノビノビのボトムをはいていてはいけませんね(焦り)。タイトジーンズもはかないと。これじゃ逆効果だ。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-11-29 12:55 | run

すってんころりんこ

ゆうべ決意をした。

これからもっと真剣に走るぞ。

いつでもどこでも思いついたときに走れるように、常にランニングウェア&ランニングシューズ。

そして、通勤ランならぬ通園ランを実行。

幼稚園に自転車で娘を送って行き、自転車を置いて走って家まで戻る。迎えに行くときも走って行き、自転車で連れて戻る。これだけでも往復で6キロ稼げる。

この通園ランだけで1日6キロ×20日で、毎月120キロ。バカにならないどころか、これだけでも充分なほどだ。まあ、毎日は無理かもしれないが。たぶん無理だろう。週3日を目標にしましょう。

今朝は娘を送って行ってから家に戻らず直接加圧トレーニングに行ったので、4.4キロ。
加圧が済んでからCDを買いにCDショップまで走っていくことに。

ところが、いつも通りゆっくりと走っていると、いきなり体が歩道に投げ出されていた。転んでしまったのだ。特に何かにつまづいたという感じもない。加圧の後だったので、思ったより足が上がっていなかったのに違いない。

右ひざと右ひじを擦りむいた。右手袋と長袖シャツとランニングタイツが破れてしまった。

ショックだったのはランニングタイツだ。思い切ってCW-Xを購入して、穿いたの今日でまだ2回目だったのに~~。グスン。縫ったらまた穿けるかなあ。アップリケでもしようか。ださい…。

分不相応なギアを身に着けたのでバチが当たったのか?

CW-Xが破れたのはショックだったが、転んで擦りむくなんて我ながらなんかおかしい。小学生みたい。幸いそれ以上のことはなくて、そのままジョギングを続行できた。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-11-24 13:31 | run

伏見稲荷

娘を連れて実家に帰ってきている。夫はお留守番。土曜日は京都会館にてジュリー・ライブ。

昨日は娘と伏見稲荷に行ってきた。
以前、母と娘と三人で行ったことがあるが、そのときはふもとで母に娘を見ていてもらって私だけ登ってきた。

今回は娘と二人きり。私は抱っこできないので(腕力ゼロ)、娘にはどうあっても自力で登ってもらわないとならない。

京阪電車の伏見稲荷駅で降りて、最寄のコンビニでおにぎりとアンパンマンの棒つきチョコレートを購入。登りきれたら山頂で食べると娘に言い聞かせる。

娘、張り切って登り始め、途中で弱音を吐くことなく、あっけなく踏破。

周りを見渡してみると、小さな子供たちは案外スイスイ登っていて、しんどそうに登っているのは大人ばかり。

山登りに必要なのは体力ではない。身の軽さ。それだけだと思った。

山頂の大岩の上で食べたおにぎりのおいしかったこと。娘も、右を見て左を見たらもう食べ終えていた。ごほうびに山頂の茶店でソフトクリームを買ってやった。

帰りのバスの中で娘も私も熟睡。

伏見稲荷を踏破したので次は鞍馬山かな。

来年1月の地元のランニング大会、娘は(パパと一緒に)2キロのジョギング部門にエントリーしている。山岳トレーニング(?)で走力アップ目指せ!
[PR]
# by wumingzhi | 2010-11-22 12:35 | 生活
まだ引きずってる音。

昔の恋を…。

じゃなくて、カゼを。

治らない。

ハーフマラソン完走した時点で、来月のフルは無理だ、と思った。
でも、陸上経験者に相談して、「出るべき」と力強く励まされ、その後の体の消耗具合なども自分で考慮してみて(あまり消耗していない)、「やっぱり出よう」とまたまた強く思い直した。

しかし、月初にひいたカゼがまだ治らんのだ。

夫に強く言われて、昨日ようやく病院に行った。私の中では、「カゼくらいで病院に行くものではない」という思いがずっとある。

薬を出してもらった。結構本格的な薬だ。抗生物質、鼻炎・気管支喘息の薬、ホクナリンテープ(咳止めの貼り薬)。すごく効きそう。こんなことなら意地張ってないで早く病院に行けばよかった。
そう思って夜薬を飲んだ。

ところが、夜中に相変わらず咳が出る。おさまりかけていたと思っていたが、前夜よりひどい。そして朝起きると頭がどんより、体がしびれるように重い。なんなんだ、これは。

カゼでしんどいのか、薬の副作用なのか、気力が減退しているのか、更年期(?!)なのか。

夫が調べてくれた。どうやら鼻炎の薬の副作用のようである。

症状が悪化したように思えても1週間投薬を続けねばならないらしい。
この薬を飲んでいる限り、ジョギングも無理に思える。

奈良マラソンに出るなら、早く30キロ走に挑戦しないと、と焦っていたが、どう考えても時間切れ。

今まで何度もフルを走っているのなら別だが、人生で初のフルマラソンである。人生で初っていう物事は、今後そうないであろう。悔いのないよう準備して臨みたいのだ。やっぱり断念。気持ちを切り替えて、カゼが完治したら来年1月末の地元のマラソン大会の10キロ走に集中したいと思います。
[PR]
# by wumingzhi | 2010-11-18 11:15 | 生活