日々のこと


by wumingzhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:電視( 19 )

あの人は今

昨日放映されていたテレビ番組『あの人は今!?』でビビアン・スーが探されていた。

中華芸能に多少関心のある人なら、ビビアンって全然『あの人は今』的存在じゃないと思うのだが。先月号の中国語ジャーナルの表紙&インタビューにも出ていたし(買うだけ買って聴いてない、くぅぅ・・・)。

そんなわけであんまり「懐かしい・・・」という感じじゃなく見たビビアンは大陸ロケの真っ最中で、元気そうだったけどちょっと肌が荒れて吹き出物ができていたのが少し気になった。

そういえば『タイミング』のビデオ、持ってたなあ。一緒に踊ったら運動になるかと思って買ったのであった。
まあ、「心の運動」にはなった。

私にとってはビビアンより、ブラビに後から入ってきた中国出身のケディって子のほうが『あの人は今』だ。結局彼女ってなんだったのだろうか。
[PR]
by wumingzhi | 2006-01-13 16:59 | 電視

目下の悩み

今、悩んでいる。
それは今晩放映されるスターウォーズ・エピソード2を見るか見ないか。

そもそもスターウォーズシリーズは苦手だ。SFが苦手なのだ。エピソード1は映画館で見たが途中で居眠りしてしまった。
エピソード2は見ていない。
でもエピソード3は面白いらしいと評判だ。私も落ち着いたら映画館に行って鑑賞して人並みに盛り上がりたいなあという気持ちがないでもない。でも前作を見ていなければわけがわからず楽しめないだろう。
しかしTVで映画なんか見てる場合じゃない。ビデオにとっておくか。でもそれも面倒くさい(なんなんだ?)。

あと1時間足らずの間にどうするか決めなければ。

1.TVを見る。
2.ビデオにとる。
3.TVもビデオも見ず、エピソード3を見に行く。
4.エピソード3を見に行かない。乗り遅れる。というか乗りもしない。

まだ選択肢はありそうだ。ビデオにとってビデオを見ず、エピソード3を見に行ってやっぱりわけがわからないと思う、とか。
こんなことを考えるのも現実逃避だ。えい、決めた。2に決めるぞ。
しかし、そうなるとビデオテープを探さねばならない。めんどうくさい…。面倒なくらいなら見なければいいだけの話だ。まったくもってその通り。続く。
[PR]
by wumingzhi | 2005-07-08 19:08 | 電視
英語でしゃべらナイトで、谷原章介がアンディに、「僕に英語の名前を付けてください」と頼んだ。アンディは谷原に、好きなアーティスト等を質問する。
谷原「僕の名前はショースケ。僕のイメージで付けてください」みたいなことを言う。
しばし考え込むアンディ。そして……。
ア「Leon リオン」
って言った。

びっくりした。ほんとに言ったんだぞ。似てるな~ってアンディも思ったのかな、やっぱり。
[PR]
by wumingzhi | 2005-04-25 23:58 | 電視

今夜の語学TV

今夜の中国語講座には、以前(2002年だったか)生徒役だった北川えりさんが登場!
どのくらい上達しているか、楽しみです。

英語でしゃべらナイトでは、谷原章介がアンディ・ラウにインタビューしに行きます。
アンディが谷原章介を見て、「おっ、黎明に似ておる!?」と思うか思わないか。
まあそんなシーンはおそらくないでしょうが、こちらも楽しみ。うまく重ならずに見ることができるか?
[PR]
by wumingzhi | 2005-04-25 07:59 | 電視

TV外国語講座

4月から新番組になったTV外国語講座。
と言っても、中国語しか見ていないのだが。
その中国語もあんまりしっかり見ていない。いくら私でもやはり前半の部分はもう卒業した内容だなと思うし、今年はスキットもあまりドラマっぽくなくて面白くない。
TV講座を見るようになったときは『心跳上海』をやっていたが、これが結構好きで、それまではTV講座はほとんど見ていなかったが、このあたりから真面目に見るようになった。単に、私が中国語学習に興味を持ち出した頃にやっていたスキットだというだけかもしれないが。
『心跳上海』はその後出たCDブックも持っていて、実際に出演していた俳優さんとは吹き込みは違う人だが、それでも一番最後の、

「再見!」
「再見!」
というくだりを聞くと結構じーんとしてしまうのである。

会話の内容も、
「你是不是喜欢上他了?」
とか、
「不见不散」
とか、いまだに頭に残っている台詞があったりする(と言っても今とっさに思いついたのはこの2句だけだったが。おそまつ)。

今年のスキットはかっこいい俳優さんがいないなあ。女の子は結構可愛いけれど。

思うのだが、どうして中国語講座のスキットは、もっとハラハラドキドキのラブロマンスをてんこもりにしないのだろうか? そうしたらもっと興味を持って見るのに。
『心跳上海』はうっすらロマンスがあったので良かった。
それは、中国語講座だからだろうか。他の外国語講座ではこてこてのラブロマンス・スキットをやっているところもあるのだろうか。

と思ったので、ゆうべは『英語でしゃべらナイト』を見終わった後、イタリア語講座も見てみた。というのはウソで、別の目的があってイタリア語講座を見たのである。何かで、今年イタリア語講座には元横綱貴乃花が出演していて、「貴乃花はイタリア語がペラペラだぞ!」というウワサを聞きつけて、それを確かめるために見たのである。貴乃花がイタリア語ぺらぺらだなんて、中田ヒデじゃあるまいし、そんなことあるかい! と私はテンから信じていないのである。でも、もしかしたら、ということもあるかもしれないので見てみたのだ。

・・・・・・途中で寝てしまった。起きたらロシア語になっていた。私の記憶のあった範囲では、貴乃花は出演していなかった気がする。そしてこてこて・ドロドロの恋愛スキットも、なかったような気がする。
[PR]
by wumingzhi | 2005-04-19 21:10 | 電視
お返事によると(以下一部抜粋)

  弊社CMで「みっなおそう、みなおそう!」を歌っているのは
  「ハナコアラの見直しダンス編」CM制作にあたって特別に結成された
  「トリオ・デ・マンボ」というコーラスグループです。
  以後お見知りおきください。


というわけで、さだまさしではなかったのだ。トリオ・デ・マンボかあ~。
しかし、最初に送った投稿フォームでなぜうまく反映できなかったかも担当部門で検討してくれたようだし、なかなか誠意が伝わってくる返信だったので、気に入ったぞそんぽ24。まあ、見積りはしないけどね。
[PR]
by wumingzhi | 2005-03-15 12:51 | 電視

そんぽ24

そんぽ24のCMが気になっている。
アニメのコアラが「♪見直そう、見直そう~」と歌って、自分の鼻を取って電話するやつ。鼻が携帯電話になっている。このコアラたちはハナコアラというらしい。

この歌を歌っているのがさだまさしに思えて仕方がないのだ。そう思ってみると、車を運転している人物(アニメ)もさだまさしに似ているように見えてくる。
あの唇を内巻きにしたような独特の歌声。似ていると思うのだが。夫にも見せたら、「似てるなあ」と言っていた。

検索してみたら私と同じように思っている人が他にいることはわかったが、はっきりとした答えは得られなかった。

そこでそんぽ24のHPのご意見・ご感想の投稿フォームからこの質問を投げかけてみることにした(私もヒマだな)。

金曜の夜に送った。今日、そんぽ24から返信メールが来ていた。
わくわくしながら開いてみると・・・「内容がうまく表示されておらず解読不能。もう一度送ってくれ」とのこと。

ガッカリ。気を取り直して私の疑問を再びぶつけてみる。

金曜は、こんなどうでもいいような内容に返事が来るか半信半疑だったが、あのwebmasterさんならちゃんと回答してくれそうな気がしてきた。楽しみだ。
[PR]
by wumingzhi | 2005-03-14 18:03 | 電視

他人の激似・追記

これがレオン・ライです。

そしてこちらが谷原章介
[PR]
by wumingzhi | 2005-02-12 22:47 | 電視

他人の激似

最近テレビのトーク番組で初めて谷原章介さんという俳優さんを見た。
初めて見たとき、「この人、レオン・ライによく似てるなあ~」と思った。
そして、口を開くとこれがまた、声まで黎明に似ている。
顔が似ていると声まで似ているというケースはよくあるのだけれど、こんなに似ているとちょっと気持ちが悪いほど。でもすっごくハンサムで素敵な人なのでむしろ気持ちイイ(意味不明)。

こんなふうに思うのは私だけ? 私の勘違い? と思ったけど、レオン・ライと谷原章介を並べて検索してみたら、やっぱりそんなふうに思っているのは私だけではないということが判明した。むしろ、私気づくのが遅い。ドラマあんまり見ないんだもの。

このサイトのプライベートショットのコーナーの2段目一番左の写真なんて、これ黎明じゃないんですよ。谷原章介さんなんですよ、って念押ししたくなるほど激似ではないかと思う。

そして、黎明と似ていることは置いといて、この人が実にハンサムな上に話し方もソツがなく、プライベートでは料理も得意だという。
まさに完璧な男性とはこういう人のことなんじゃないか、と思った。
完璧すぎて変というか、ここらあたりはあくまでも私の個人的な思い込みなのだけれど、「素敵すぎて絶対裏があるに違いない」と思ってしまう。

村上春樹の『ダンス・ダンス・ダンス』という小説に五反田君という登場人物がいるが、まさにこの五反田君のイメージである。
って、余計わかりにくいでしょうかしら。

それからこの人、先日のトークの中で、「グレイトフル・デッドのファンが高じてテディ・ベアを集めるようになった」と言っていた。
グレイトフル・デッドといえば私が先日、『日本では現地ほど人気が出ないミュージシャンベスト10』の中に堂々ランクインさせたバンドではないですか。そのグレイトフル・デッドのファンだと、もし一般の人が言ったらおかしいけど(いや、おかしくはないが)、この人が、あの実に深みのあるソフトで神秘的なハンサム・ヴォイスで言うと、まるでグレイトフル・デッドがラジオ体操の音楽みたいに日本国中で愛聴されている音楽であるかのように自然に受け留めてしまうのだ(ごめん言い過ぎた)。
[PR]
by wumingzhi | 2005-02-12 02:32 | 電視

世界ウフフン滞在記

ゆうべの『英語でしゃべらナイト』の別所哲也の英語。先週感じたような女っぽさは昨日は感じられなかった。なぜ先週あんなふうに思ってしまったのだろう?

さっき、『世界ウルルン滞在記』と打とうとして『世界ウフフン滞在記』と打ちそうになった。
どんな滞在記やねん。RとFの位置が近いのでこんなことになるのだ。

おまけに、上の文章もその都度訂正しなければ、

〈さっき、『世界ウルルン間人行き』とウトウトして・・・〉

となるところであった。こんなパソコンはうちだけ? ときどき、誰か住んでるのかなあと思うことがある、パソコンの中に。
しかし、「間人行き」って変換ミスは結構イケてないか?
[PR]
by wumingzhi | 2004-11-02 19:06 | 電視