日々のこと


by wumingzhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Julie( 40 )

さらば・・・京都会館

昨日は京都会館でのタイガースコンサート。実家に帰ってきております。

そうなんです。チケットちゃんと取れたのである。しかも3列目。最後の奇跡。
最後っていうのは、今ある京都会館は取り壊されるので、私にとってもジュリーにとっても、これが最後の京都会館であるからして。

最後に、前から3列目なんていう神席がいただけるとは思ってもみなかった。

昨年9月、初めてタイガースのコンサートに参加するときには、私なんかが行って良いものか(タイガースの曲ぜんぜん知らないし、思い入れもない)というためらいが少しあったけど、行ってみてそんな思いは消し飛んだ。楽しい音楽に身を委ねる心地よさ! 理屈じゃなく、文句なく楽しい時間だった。

席は3列目左寄り通路側。ギターの下山さんの正面。ジーッと見てたら目が合いそうで照れてしまうほど(合わないって)。それと、近いと楽器の音もよく聴こえるということを知った。

サリー、ベースめっちゃうまかった。俳優に戻らんでええんちゃう?

もう(当分)タイガースのコンサートは見られないのかな~と思うと残念。でもまたジュリー単独ライブが楽しみになってくる。
[PR]
by wumingzhi | 2012-01-14 10:23 | Julie

来ない…

世間では続々と届いているというウワサのハガキ。
ジュリーのコンサートのチケット落選ハガキ。

うちには来ない…。

てことは、チケット取れたのだろうか?
激戦区の京都会館しか行ける日時がなく、だから第二希望も書かなかった。
それも11月の京都は神戸マラソンの前日なので(あくまでも出るつもりでいる!)、ツアー2日目9月の京都。この日がだめなら今回の「ほぼタイガース」ライブはあきらめるつもりでいた。

だめなんじゃないかと思っていたのに。

嬉しいけど、ちょっと複雑な気も。

私なんかが行っていいのか、という。

タイガースの曲、全然知らない。先日ようやくシングルコレクションを入手して、ぼつぼつ聴き始めているという段階。正直言って、タイガースへの思い入れはゼロなんです。すみません。

40年間、ピーさんに会いたくてたまらなかった人たちがいる。そんな人たちと同じ会場で、私みたいのが居ても、なんかファンの方たちにもジュリーたちにも申し訳ないような。

でも、チケット取れたなら絶対行くんだけど。
[PR]
by wumingzhi | 2011-06-23 17:36 | Julie

名古屋は吹雪~♪

でした、昨日。

行ってまいりました、ジュリーお正月コンサート『BALLAD AND ROCK'N ROLL』。

今回は珍しく事前にセットリストを調べずまっさらな状態でこの日のコンサートに臨んだのだった。

いつも愛読している数々のジュリーブログも今年に入ってからきっぱりと読むのをやめた。

そんな状態で行ったコンサート。

今回は今までと何もかも違っていた。
でも凄く良かった。曲も好きな曲、聴きたい曲ばかりだった。
[PR]
by wumingzhi | 2011-01-17 05:13 | Julie

やさしく愛して

数日前、とあるジュリーファン・ブログに『やさしく愛して』の記事がupされた。

それを読んでまた聴きたくなり探してみると、またどなたかがupした夜ヒットの動画を見つけた。

以前にも書いたけれど、私がこの曲を聴いたのは92年のコンサートである。CDは持っていなかった。この曲を含むシングル(『きわどい季節』のB面)が発売されたのが87年で、私がジュリーファンになったのが92年頃。わずか1~2年で第一期ジュリー熱は冷めてしまったので(なんて浅はかな…とあきれるばかり)、96年発売になった、『やさしく愛して』を収録したベストアルバム『AFTERMATH』は当然手にしていない。この曲はライブで1回聴いたことがあるだけで、それ以来ずっと耳にしていなかった。1~2年前、インターネットで動画を見るまでは。

にもかかわらずこの曲のことが好きだと思っていた。ぜひもう一度コンサートで聴きたい。何よりCDが欲しい…。しかしCDが廃盤になっているので、チョット手を出しそびれていた。

でも、おかしいじゃないか。この曲を好きだと思っているのに、スタジオ録音を聴いたことがないなんて。それってまるで、一回デートしてお茶飲んだだけでもう付き合ってると言いふらしてる、みたいなもんじゃないか。

好きならやはり、やることはやらないと。
そしてとうとう禁断のマーケットプレイスに手を出してしまった。昨日ポチリと押して、今日もう届きました。長い間まぼろしの曲だったのに、こんなに簡単だったなんて。あっけない。

廃盤になっているとは言え、別に何十万もするわけではない。私はあんまりCDを買わない。月に1枚買うかどうか。三ヶ月CDを買うのを我慢すれば充分元が取れる(と、このあたり夫に対する言い訳メッセージ)。

今日は幼稚園の芋掘りにボランティアとして午前中いっぱい参加して、寒いのに薄着して行ってしまい、震えながらも芋掘ってたら汗かいて、てな感じで最低のコンディションでぐったりして帰ってきた。

娘のリトミック教室の日だったけれど、どうしても気力がわかず休みの連絡を入れた。そしてぼんやりしているときにこのCDが届いた。まず『やさしく愛して』を聴いてから、CDを持って寝室へ。かけながら横になる。歌詞カードを見ながら少しうつらうつらしていた。ほとんどの曲が以前所有していて今は手に入らない廃盤CDからの曲で、懐かしくてとても心地よかった。

時間を巻き戻せるなら、もう一度92年のBeautiful Worldツアーに戻って、ジュリーの歌う『やさしく愛して』を聴いてみたい。それは無理だから、実現可能な夢として、近い将来のコンサートで取り上げられることを期待する。来年のお正月ライブのタイトルがBallad and Rock'n Rollだから、少しは期待していいかな。

ところで、『きわどい季節』と『やさしく愛して』をシングルCDとして考えた場合、どこをどう聴いても『やさしく愛して』のほうが絶対A面だと思うんだけれど。世の中にはA面をしのぐB面曲というのが確かに存在する。『あなたに今夜はワインをふりかけ』だって『サムライ』のB面だ。しかし、『あなたに今夜は…』は確かに名曲だが、そこには決して『サムライ』には存在しない「B面の風格」というようなものが感じ取れた。
でも『きわどい季節』って、なんかちっともいいと思えないんだがなあ。大御所の手になる楽曲だから、ひっくり返せなかったのかな。
[PR]
by wumingzhi | 2010-11-02 19:42 | Julie

楽しかった。疲れた。

今日は愛知県芸術劇場でジュリーのライブ、「秋の大運動会」。ところで娘の幼稚園の運動会はまだである。遅い。

今日はジュリー・コンサートで燃えなければならないというのに、私は朝から結構体力を使い果たしてしまっていた。

海辺のジョギング50分、そのあと娘と砂浜をお散歩。家族と別れて名古屋に行ってもなるべくエスカレーターを使わず階段を使用したりして。

名古屋の別の場所に用事があって、そこに寄ったりしていた。そのまま歩いてホールまで行った。地下鉄一駅分だが、案の定道を間違えた。間に合ってよかった。ふぅ。

そんなわけで、ライブが始まる前に既に歩数計は2万4千歩だった。さすがに疲れを感じ、今日は座って見たいかも…と弱気なことを考えてしまっていた。

が、いざコンサートが始まると、結局ずっと立ちっぱなしで1秒も座らなかった!

コンサートが終わると歩数計は3万2000歩に。ジュリーコンサートで8000歩か。

家に帰ると最終的に3万8000歩だった。
7月に伊勢神宮に歩いて行った40数キロが6万歩超だった。それから考えると20キロ以上歩いているんだな。

さすがにライブ終了後はぐったりしてしまった。でも気分はとてもいい。楽しくて充実した良い一日だった。ライブのことはまた明日にでも。
[PR]
by wumingzhi | 2010-10-03 23:48 | Julie

ジュリワン京都公演

ジュリーwith The Wild Ones京都会館、行って参りました。

開場すると真っ先にグッズ売場に並ぶ。今回はぜひ欲しいものがあった。それはタオル。ジュリーのツアーTシャツなんかは買ったことないけどこのタオルは実用的だと思って。私、日焼け防止のために外を出歩くときはタオルマフラーを巻くんですわ。今は生協のだっさいのを使っているけれど、これがジュリワンのタオルになったらちっとはマシに見えるかと。

15分くらい並んでやっとタオルをゲット。席に着く。席は9列目。チケットが到着したときのブログにカズさん寄りの席と書いたけど、今回はカズさんは向かって左側なのでカズさんとは反対のほう。ちと残念。

ステージ上には所狭しと楽器が並んでいる。何しろツインドラムだ。ジュリーお得意のランニングはこのツアーでは見られないのかな。

開演のブザーが鳴ると同時に、場内はまだ明るいのに拍手が沸き起こる。素晴らしくノリの良さそうな客席で、ワクワクする。

後ろの席の男女3~4人のグループのお喋りがふと耳に入ってくる。

女「加瀬さんから電話があったの、火曜日なんですよ」

加瀬さんって、今日これから出てくる加瀬さんですか?

男「今日この後ワンズのメンバー4人と行くのはドコソコのナニナニという寿司屋で。最初はジュリーやスタッフたちも一緒に、という話だったんだけどね」

加瀬さんの京都のお友達なんでしょうかねえ。ワンズメンバーは今夜は友達と食事に行き、ジュリーたちはホテルか移動、なのかな。明日は金沢だけど。

以下、セットリストあり
[PR]
by wumingzhi | 2010-06-12 23:48 | Julie
昨日、帰ったらテーブルの上に、アマゾンから届いた本が置かれていた。さっそく読み始めた。そして今朝になって、その本の下に超重要なブツが置かれていたことを今朝知った。言ってくれないから気付かなかったじゃないのー。とうとう私のところにも、来月のジュリワンライブのチケットが届いていたのでした。なかなか来なかったので、抽選に漏れたのかと思っていた。

ネットで座席表を調べてみたら…なんと一ケタ席! カズさん寄りのほぼ中央!! ヤッター!!!
京都会館で一ケタ席なんて…感涙。

昨日は木村先生とお話できたし、ツキまくりだなあ。嬉しい。
[PR]
by wumingzhi | 2010-05-16 21:48 | Julie

「SONGS」Part2

見た。そういえば先週のPart1の放送も見たけど感想は書かなかったな。

ゆうべのPart2では、若い頃のジュリーの映像も結構いっぱいあって、若ジュリーの映像が映ると私、思わず体が反応しちゃってずずず、と体がテレビの画面に引き寄せられてしまうんよ!! ジュリワンのジュリーを楽しみにしていて、今のジュリーの歌を聴くつもりでテレビの前に座っているというのに。これはもう若ジュリー自体にものすごい吸引力があるとしか言いようがない。

でも「今」のジュリーの歌はやっぱりサイコーでした。TOKIOって実は私あんまり好きじゃないんだけど、生で聴くとやっぱりいいなと思うし、ゆうべの番組でのTOKIOはライブ感満載で今のLIVEでのジュリーの感じで良かった。

しかしそれ以上に「ロンリー・ウルフ」を歌う当時の映像が、腰が抜けそうなほど素敵であった。これはヒットしなかった例としてちょこっと流れただけなんだけど。私この歌好きなんですよー。ジュリーはTOKIOでなく「ロンリー・ウルフ」をシングルに希望して、出したけどやはりダメでした、と。そしてTOKIOを出したら大ヒット、という。
なんでヒットしなかったのかなあ「ロンリー・ウルフ」。この曲はライブで聴きたい曲ベストスリーに入っています。「ロンリー・ウルフ」と「やさしく愛して」と、もう一曲は・・・。未定。
[PR]
by wumingzhi | 2010-04-08 00:56 | Julie

娘のダンス

『渚でシャララ』を聴いていたら娘が曲に合わせて踊りだした。
私はネットをしていたのであまり身を入れて娘のダンスを見ていなかったが、『涙がこぼれちゃう』の伴奏が小さくなるところで体をちぢこめて丸まっていた。

伴奏がふたたび大きくなるとまたハネハネ元気に踊りだした。

娘なりに音楽を的確に(?)捉えているなあ、と思い微笑ましかった。

私は私で、カラオケ(インスト)に合わせて『涙がこぼれちゃう』を歌詞カード見ながら歌っちゃう。

うまく歌えると気持ちいいんだろうなあ。自分で歌っていると、ジュリーの声が聴きたくなって物足りなくなってくる。

もし一瞬ジュリーになれるなら、『君をのせて』を歌ってみたいけれど、今なら『涙がこぼれちゃう』を歌ってみたいかも。
[PR]
by wumingzhi | 2010-02-20 21:50 | Julie

ジュリー×エイベックス

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100212-00000009-ykf-ent

私がテレビで見たのは上記の記事だったようだ。

これを機にエイベックスに移籍、とさらっと書いているだけ。ジュリーブログでも特にこのことについて触れられた記事は見当たらないし、ジュリーwithザ・ワイルドワンズとして活動するときだけ、と見て良さそうかな。
[PR]
by wumingzhi | 2010-02-12 21:43 | Julie