日々のこと


by wumingzhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:Belly Dance( 8 )

隣の市のサービスセンターのイベントにベリーダンスで出演してきた。

屋外駐車場で食べ物の屋台が出たりフリーマーケットをやっていたり。
その一画で、ベリーやらフラメンコやらヒップホップダンスやらの発表会をやっているのだった。

夫の運転する車で出かけたら、既に人でいっぱいで駐車するスペースがない。私だけ先に下ろしてもらい、夫たちは近くの会社の駐車場から出ているシャトルバスで行ってもらうことにした。

一週間前の発表会とはまた違う緊張感に襲われる。
発表会のときは、大きなホールで、照明もあり、見に来る人も「ベリーダンスを見るぞ!」という思いでやってくる(はず)。

今日みたいなイベントのフェスティバルでは、別に皆さんベリーダンスを見るぞ、と思って来ているわけではない。そんな観客の前で(しかも近い)、踊るのはすごく緊張する。屋外の、陽の光に晒されて、シロウトが肌を出して踊るのはちょっと痛々しい感じがしないだろうか。そう思って私はメイクだけでもきちんと濃いめにしておいた。中途半端にナチュラルメイクではかえって恥ずかしいのだ。仮面を着けるような気分ですかね。

この振り付けで踊るのもこれが最後だと思うとちょっと力が入った。

踊っている最中に、地面の敷物を繋げたガムテープがはがれて足の裏にくっついて来た。あせってなんとかはがそうと踊りながら試みているうちに振りを間違えた。

よく考えたらスカートの裾が長くてほとんど足先は見えないので、ガムテープがくっつこうが気にせず踊り続ければ良かったのだった。後からビデオで確認したら、何もわからなかった。ただ私が振りを間違っているだけだった。

必死で覚えた振りだったが、もうこれを踊ることもない。家で勝手に踊るぶんには別だが。レッスンでも新しい曲になった。また覚えないといけない。一度教室で習うだけではなかなか覚えきれない。どうしたら良いかなあ。

ベリーダンスは踊っているときは楽しくて、緊張感も心地よいと思えるが、舞台に乗るまでの緊張感がいやだ。ストレスがたまると早死にするよ。

園のママ友が家族で見に来てくれて、小さなブーケをもらった。感激! しかし花束はすぐに娘に奪われてしまった。

着替えてから家族と一緒にぶらついて屋台のものを食べたり、消防車やパトカーの前で制服を着せてもらって写真を撮ったりした(子供が)。
[PR]
by wumingzhi | 2010-10-17 23:44 | Belly Dance

ベリーダンス発表会

明日はまだ来ない…(前回記事最終行について)。
「秋の大運動会」については京都公演が済んでから書くことにしよ。名古屋からもうだいぶ日が経ってしまったので。

さて、昨日はベリーダンスの発表会でした。
4時15分開演で、私の出演するグループはラストから4組目。でもリハーサルがあるので朝9時半から会場入り。

今年はあんまり緊張していなくて、朝までグッスリ眠っていたし、行きの電車で読もうと本やNHKラジオ英会話のテキストなど数冊持って出かけた。

が、特急で一人で座っているうちにだんだん緊張してきて落ち着かなくなってきた。

控え室に入って、知っている人と顔を合わせて喋ったりしているうちに少し落ち着いてきたけど。

メイクなどをする。私は心に決めてきた。
「会った人にキレイねって言われないメイクをすること。間近で見たらギョッとされるメイクを心がける」

娘のバレエの発表会でのメイクを見て、正直言って全然可愛くなく、娘の顔立ちを引き立てているとは思えなかった。が、舞台に立ったらそれで普通に見えた。バレエ発表会のメイクを目標に!

今回はなかなかダイエットも進まず、ちょっと憂鬱だったが、黒のスカートだったので多少は引き締まって見えるのではないか、と思い込むことにして。

出番は夕方だが朝食は食べなかった。お昼も抜き。チョコとキャラメルをときどき口に入れる程度。おなかがぽっこりしたら困るので。ひたすら我慢。幸い、緊張感で全然食べたいと思わない。

リハーサルではなかなか息が合わなくて、個人的に注意され打ちのめされている人もいた(幸い私ではなかった)。先生もちょっとナーバスになっている感じ。普段子供のように明るい先生がちょっと落ち込んでいる感じだったので、よっぽどダメだったんだなと思った。本番がんばらなくては。

リハが終わると本番まで5時間以上ある。その間、客席で別のグループのリハーサルの見学をしたりしていた。

カンパニーの主催者(監督)Hさんが1組ずつ見ながら指示を出しているのだが、ピリピリしている雰囲気が伝わってきてちと怖い。見ているだけでまた緊張してきた。

控え室に戻り、一人で廊下で振り付けを練習していたとき。そばで写真を取り合っていたグループが、真剣に練習している(つもりの)私に向かって、
「写真撮ってもらっていいですか?」
「私も!」
「私も!」

ってんで、三つも四つもカメラを渡されてしまった。どうも私からはピリピリした緊張感は発散されていなかったらしい。しかし踊っている最中の人間にまで声かけてシャッター押させるかね普通。まあ、笑顔で引き受けてあげましたけど。

今回は、自分の踊りの他にも気がかりなことがあった。夫と娘と母と祖母が見に来てくれることになっているのだが、私の出番が後のほうなのでそれまで娘がちゃんと座っていられるだろうか。そして祖母(百歳)がちゃんと生きているだろうか。

それは冗談にしても、祖母は歳だからトイレも近いし、ベリーダンスなんて初めて見るだろうからわけわかんなくて退屈して帰りたがるんじゃないかとか、いろいろ心配だった。娘以上に心配だった。

そして4歳から百歳までを引率してくる夫は無事だろうか。夫にとっては娘と祖母よりも、天敵である姑(=私の母)の存在が…。

公演前に家族と顔を合わせることができた。無事会場に到着して着席できたから安心。

発表会ステージが始まり、後はあっという間だった。

自分の番が来て、ステージに立つ。最前列真ん中に座った娘が、母の膝の上でずっと手を振っているのがわかった。もちろん降り返せない。娘を見るとつい気を取られて自分の踊りが崩れてしまいそうだから極力見ない。一瞬、「次なんだっけ?」頭が真っ白になった。でも一瞬だった。大丈夫。終わった。終わった。

今年も終わった。

そしてありがとう。一緒に踊ってくれた仲間に感謝。指導してくれた先生方、見に来てくれた人たち…どうもありがとうございました。

もう来年は発表会はやめようと思っていたけれど、やっぱり出たいな来年も。もっとバージョンアップしてこのステージに立ちたい!!

今朝、4時過ぎに目が覚めた。
娘が寝言で、「踊ってない」と言った。
どんな夢を見ていたのやら。
[PR]
by wumingzhi | 2010-10-11 07:01 | Belly Dance

Gorgeous Arabian Night 2010

行って参りました、Gorgeous Arabian Night 2010。

地理オンチの私だが、今日は特に迷うことなくさくっと行けた。
 
出演者はアマル・ガマル、タマリン・ダマル、E-chan&Mila,Mishaal,Nicole,そしてエルメスダンスカンパニーのダンサーチームSahara Layla。私の先生もダンスチームの一員として出演する。

雑誌やDVDなどでしか見たことのない超有名人気ダンサーたちを一度に見られるなんてスゴイ、夢じゃないかしらん。

7時半過ぎに始まった。構成はほぼ、先生たちのチームsahara Laylaとゲストダンサーが交互に踊る。途中のアナウンス、休憩などいっさいなく、一組終わるとすぐに次のダンサーがステージに現れ次々と踊っていく。曲数は多いがすごくスピーディーに進行していく。

出演ダンサーではアマル・ガマルは昨年もステージで見たけれどあとは生では初めて見る人ばかり。

アマル・ガマルは筋肉質でスレンダーな印象のダンサーだったけれど、最近赤ちゃんを出産されたらしい。そう思って見るとやはりおなかのあたりがぽっちゃりしている気がする。ベリーダンサーのおなかがぽっちゃりしていることは、しかし悪いことではない。

タマリンはベテラン、大御所という雰囲気が漂っていた。いぶし銀の魅力か。シブすぎて、単純な私にはちょっと・・・。

E-chan & Milaは雑誌で見てなかなかきれいな方たちで興味を持っていた。しかしトライバル・フュージョンは少しオドロオドロしい雰囲気。でも綺麗だった。

Mishaalは確か横森理香さんのお師匠さんではなかっただろうか。写真で見て綺麗な人だなあと思っていた。初めて実際に見てまず思ったことは、
「Mishaal、髪の毛ながっ!」。
実際にこの目で見た、不潔じゃなく綺麗な人の中では一番長い髪だった。アメリカ出身とのことだが、とてもエキゾチックで美しいダンサー。ウットリしてしまった。

Nicole、この人は日本人。双眼鏡で見ていたらとても表情が豊かで惹きつけられた。

先生たちのダンス、とても素敵ですごく見応えがあった。中でも私のA先生は特別美しくて思わず目が行く! 「私の先生だよ!」って意味もなく周りに自慢したいような気分であった。先生チームの出演のときはA先生を重点的に見てしまうのだが、体つきや踊りそのものの中に先生の個性がすごく現れているなあと思った。とてもかっこいい。何といってもスタイル抜群だ。こんないいお手本に毎週お目にかかれるのだから私ももっとがんばってスタイルを磨かなくては・・・。

とにかく充実した内容だったが演出がスピーディだったので9時10分過ぎくらいには終わった。

開場してホールに入るときチケットをよく見たら「未就学児の入場お断り」の文字が。気づいていなかった。もし娘を連れてきていたら娘は入れなかったのか。
仮に入場できていたとしても、娘を連れてきていたら娘の反応が気になって(喋らないか、退屈していないか、大声出さないか)集中して見られなかったかもしれない。母と来られなかったのは残念だが結果としてはこうなって良かった気がする。ベリーダンスはやっぱり大人の世界だな。
[PR]
by wumingzhi | 2010-06-12 00:47 | Belly Dance

本番の朝

とうとう今夜はベリーダンス発表会。
私の出演は夜8時半頃になるけれど、1時には会場入りしないとならない。2時に写真撮影やリハーサルがあるから。

出演者総勢500名を超える大発表会。楽屋や控え室はごった返すんだろうな。いっぱい写真撮りたいと思ってるけど、そんな余裕ないかも。

この3日ほど、ウォーキングを自粛して家にこもってダンスの練習・・・していたがどうしても眠くなり布団に戻って二度寝したりしていた。やっぱりウォーキングに出ないと目が覚めない。

昨日は1日まったりと娘と過ごす。
朝は一緒に球根を植えた。ずっと植えなきゃ植えなきゃと思っていて、時間が取れなかった。遅すぎかもしれないけど。

アマゾンのダンボール箱に色紙を貼ってお道具箱を作ったり、めばえ教室の教材で遊んだり、一緒にお昼寝したり。
このところ全然やっていなかったことを娘とやった。
ばたばた活動しすぎてゆとりに欠けていたかな、と少し反省・・・でもやっぱり私は家で昼寝してるより動き回っているほうがいい。家にいると食べ過ぎてしまうもん!!

昨日はダンスの練習は1度もできなかった。今朝は6時に起きて音楽に合わせて1回踊ってみた。
大丈夫、振りも覚えているし気力が充実している感じがする。あまり何度も繰り返し練習せず、いい感覚だけを覚えておこう。

ガンバルゾー!
[PR]
by wumingzhi | 2009-12-19 06:34 | Belly Dance

合同練習

今日は名古屋にベリーダンスの合同練習に参加してきた。

以前、11月から毎日曜日合同練習と書いた。がその後状況が変わり、結局合同練習は2回だけになった。そのうちの1回は私は禅ヨガに参加するために京都に行っていたので参加できなかった。だから今日が最初で最後の合同練習だ。

始めは緊張していたが、踊り始めるとじきに楽しくなってきて緊張を忘れた。レッスンは2時間。2時間も踊っていたら疲れてぐったりしてしまうんじゃないかと思っていたが、とても楽しくてあっという間だった。私ってベリーダンスが好きなんだなと思った。

踊っていると、初対面の知らない人も、先生も、横から見てアドバイスしてくれるスタジオの人も、自分自身も、みーんな大好きって思えてくる。これが自分を解放するということなのかもしれない。

毎週これくらいみっちりとレッスンを受けられたらもっとうまくなれるのになあ。

合同練習が終わると、一緒に来ていた夫・娘と落ち合って食事。今日は夫の誕生日なので誕生祝であった。部屋係の人に夫の誕生日だと言うと、湯呑みをプレゼントしてくれ、写真も撮ってフレームに入れてプレゼントしてくれた。

食事の後、夫はタワレコへ。私は娘とデパートで買い物。夕食用のお惣菜を買う。娘はとても疲れていたはずだが、デパ地下で棒付きキャンディーを買ってやるとそれを舐めながらおとなしく買い物に付き合ってくれた。
娘と手をつないでライトアップされた銀杏並木の道を歩いたりするのもとても新鮮な感覚だった。というのも娘はいつも歩くのを嫌がり、すぐ抱っこをせがんだりするし、歩くとなると勝手に走り出したりして、おとなしく手をつながれて歩いたりしない子なのである。なんか、娘とショッピングしているんだなあと思えた今日だった。まあほとんど食料で自分の買い物なんかは一切できなかったのだけれど。

クリスマス前の街っていいな。歩いているだけでわくわくしてくる感じをしみじみと味わえた。
[PR]
by wumingzhi | 2009-12-13 21:06 | Belly Dance

ベリー仲間とお茶

今日の午前中は幼稚園のいも掘り。私はボランティアでお手伝いに参加(幼稚園に子どもを預けっぱなしにして遊び歩いているわけじゃないのです、コホン)。

子ども達が来る前に畑の草取りなどをして、子どもがいもを取りやすいように掘るお手伝い、幼稚園の園庭で焼き芋用・持ち帰り用などの選別・・・。

楽しかった。天気も良かったし、土に触れるのっていいなと思った。
何かの幼虫や、冬眠中のカエルさんとお会いしてしまった。特にカエルさんはお気の毒。気持ちよく眠っていたのに起こされて、つかまれて、園児のスモックのポケットに突っ込まれて。

今後はまったくノータッチだった自分ちの庭の草むしりもしてみよう。長靴買おうかな。

午後は食事する暇もなくベリーダンスへ。
来月から毎週日曜日、名古屋で発表会の合同練習がある。合同練習はあっても一回くらいだと思っていた私が甘かった。合同練習は全部で6回あるが、そのうち2回はもう予定が入っていて行けない。一番へたっぴなのに2回も休むなんて不安だ。しかし楽しみでもある。これからはしばらく週に二回もベリーのレッスンが受けられるのだから。しかも合同レッスンは2時間もある。あー幸せ!

教室の人で、別の先生の土曜日のクラスも取っている人がいて羨ましい。私も土曜日行きたいなあと思うけど、ヨガもやってるしそこまでは。期間限定とはいえ週2回みっちりレッスンを受けられるなんて夢のよう。そのぶん夫にしわ寄せが・・・?

しかしベリーダンスってなんであんなに楽しいんだろう。家で一人で練習していてもあんまりだが、スタジオでみんなと一緒になって踊るとがぜん楽しい。部活や団体スポーツの経験のない私には、みんなとひとつになって何かを成すという経験が新鮮で楽しくってたまらない。

今日は発表会の衣装代を、代表になってやってくれている人に渡さないといけなかったのにそのことをすっかり忘れていて、お金が足りなかった。レッスンが終わって大急ぎでコンビニのATMで下ろして更衣室に持って行ったら、これから先生と一緒にお茶に行くということになっていたので私も行きました。

私が痩せたという話になって、先生は自分の親指と小指を示し、「最初はこれ(親指)。今はこれ(小指)になった」ですと。 まあ確かに自分でも痩せたなあとは思うけど、親指だったのか!

しかし先生はよく食べるらしい。今日も喫茶店でコーラとガトーショコラを注文していた。キューバの人はコーラが好きらしい。以前の先生も毎回コーラを持ってきて飲んでいた。私はコーラを飲まないので、「あんなの飲んで大丈夫なのかなあ?」という目で見ていたが、そういうお国柄なのだろうな。

踊っているのであのナイスバディを保っていられるのだろう。代謝がいいのに違いない。そういえば、先生がキューバで踊っていたという、ハバナのキャバレー、トロピカーナ(有名らしい)の動画を見てみたが、凄かった・・・。リオのカーニバルみたいな感じ。

先生に腹筋運動を勧められた。腹筋・・・。少しずつやってみよう。
ベリー仲間にはエアロビのインストラクターが2人いる。2人とも超細い。私から見たらガリガリと言ってもいいくらい。彼女達も毎晩ストレッチと腹筋をやっているそうだ。

キレイな人も努力しているのだ。私もがんばろう。

お茶の後、皆でしまむらに立ち寄った。私は靴を買った。

楽しい一日だった。先生やベリー友の話が聞けて勉強になった。
[PR]
by wumingzhi | 2009-10-29 23:18 | Belly Dance

日々雑記

今日はベリーダンスのレッスン。
幼稚園が夏休みになって、ベリーダンスレッスンも危機を迎えたが、義父に見てもらったりしてなんとかしのいでいる。今日は夫が休みを取ったので夫に任せた。夫は朝からプールに連れて行ってくれた。プールに着いて車を降りて入場しようとしたら財布を忘れた愉快なサザエさん、で財布を取りに戻ってくるというアクシデントにもめげず、がんばってくれた。

ベリーのレッスンは午後から。午前中はなんか気分がすっきりせず、12時過ぎるまでだらだらして過ごす。12時20分くらいになってようやく着替えて軽く化粧を始める。だらだら、だらだら。数日前から風邪気味で喉が痛いので今日はあんまり行きたくない。もう休もうかな・・・という思いがちら、と頭をよぎるが、休むと振り付けがわからなくなってしまうので気力を振り絞って家を出る。

ベリーは楽しいし好きなんだけど、ちゃっちゃと準備して家を出るまでが嫌いなんだ。あー、これもしかして娘も同じなのかもしれない。あの人は幼稚園は好きなんだが着替えたり歯を磨いたりという出かける準備をちゃっちゃとするのが苦手で「今日は行かない」と言ったりするのだ。そうか、おんなじかあ。私もあんまり娘に偉そうなこと言えないなあ。「ちゃっちゃとしようよ! てきぱきしないのはママ、嫌い!」なーんて。そのセリフ、そのままオマエに返す、てなもんだわ。

時間ギリギリにすべりこんで、いつものように最後列でレッスンを受ける。
先生が変わったときはショックだったけど、新しい先生もオチャメで熱心でいいと思えてきた。なにしろ美人だし。金髪だが顔はペネロペみたい。ペネロペっていってもうっかりペネロペじゃなくてペネロペ・クルズですよ!
先生、いつもレッスン終わったら軽く着替えてタクシーで次の教室に移動するのだが、ぴたっとしたパンツにTシャツ、頭にサングラスをかけて・・・といういでたちが異常にかっこよくて決まっている。やっぱりスタイルがいいからなんだわ。

私自身はいっこうにダイエットできていない。リバウンドしたまま停滞中。おかげで合う服がなくなってきて困っている。園の送り迎えもいつも同じパンツ。はやく痩せて手持ちの服が入るように、と思っていたけれど、なかなか思ったようにいかないのでベリーの帰りにし●むらに寄って新しい服を少し買いました。痩せる気なくしたわけじゃないけど、あまりにいつも同じパンツなので、これはいかんと思って。
2ヶ月で4キロ痩せるつもりだったけど、1キロ増えた・・・。絶望。奈良のコンサートまでに少しはなんとかしたい。

年末にベリーの発表会がある。参加申し込み期限は8月末。まだまだ発表会に出られるようなレベルでないことは明らかだが、うまくなるため、美しくなるためには発表会に挑戦するのが1番だとは思う。8月末までに4キロ痩せたらチャレンジしてみようと思っていたが、このままでは到底無理。

最近は、理想体重まで痩せようとは思わなくなった。ジュリーさんの影響かも。太ったとかいろいろ言われてるし自分でも認めておられるが、ステージ見てるととにかくエネルギッシュだ。ある程度の年齢になったら、好きなものをたくさん食べて幸せな気分でいるのが精神的にも肉体的にもいいのではないか。そんな気がしてしまう。

おしゃれしてコンサート行くためにもせめて健康体重にはなりたいものだ。今は不健康なのかしら? 着ていく服がないからベリーダンスに行くのが面倒、なんて思うのは立派に不健康の証。

ベリーのレッスンに行くと気分が上がって、「おっしゃ、ダイエットしちゃる! 痩せてきれいになってダンスもうまくなりたい!」と毎回思う。でも日が経つにつれその思いは徐々に磨り減っていって、次のレッスンのときには元に戻ってる。そしてレッスン受けてまた上がって。その繰り返し。

運動不足なのは明らか。週に一回のヨガとベリーダンスだけではだめである。日常的に何かしなくては。最近全然ウォーキングしてないぞ。早起きして早朝ウォーク。やってみるか?
[PR]
by wumingzhi | 2009-07-30 21:51 | Belly Dance
b0020550_16172033.jpg

今日はベリーダンスのレッスン日。
話したことのない人からペディキュアを褒められて嬉しかった。

しかし、悲しいことが・・・。
憧れのオゥドリィ先生のレッスンが今日で最後だったのでした。
長いバケーションを取って、九月からはまた名古屋に戻るけれど、この教室はもうやめるらしい。そして来年はキューバに帰るのだそうだ。

Kが小学校に上ったら名古屋のスタジオにオゥドリィ先生のレッスンを受けるために通いたいと夢見ていたのに・・・。先生がいるからと思って、新しいクラスに溶け込む努力も始めたのに。

新しい先生はブロンドの超美人でスリムで筋肉質で素敵な人(やはりキューバ人)なんだけれど、私のイメージするベリーダンサーという感じとはちょっと違うな。

でも気を取り直してがんばります。

上の写真は私では勿論なくてオゥドリィ先生。ツーショット写真も撮ったけれど、顔の大きさの違いにビックリしたぞ。ショックを受けたというより、オモロすぎて笑えた。
[PR]
by wumingzhi | 2009-06-18 16:17 | Belly Dance