日々のこと


by wumingzhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:さよならBaby( 32 )

ぶったまげたわ、こりゃ

先日申請した、手術の保険給付金が振り込まれたという通知が届いた。

驚いた。220,000円。にじゅうにまんえん。マジですか。
手術費、2万7千円だったんですけど。10倍弱やん。倍率10、ドン! はらたいらさんに全部!!

ってふざけてる場合ではない。ええのかな、こんなにもらっても。

証明書(診断書)の代金が3500円だった上に、病院の受付の応対が不快だったので、「これでモトが取れんかったらどうしてくれる」と思ったのだったが。

はっきり言って私は、いくらお金を積まれようが、あんな思いは二度としたくない。100万円だって、1千万円だって、一億円だってイヤだ。断る。でも、保険に入っておいて良かったなー、と今回は思った。なぐさめにはならないけれど、今後の楽しい生活の足しにはなるし。夏こそハワイに行こう。もうその頃にはなくなってるか。

既婚女性の皆さん! 保険は入っておいたほうがいいですよ(未婚女性でも適応されるのかな? たぶんされるんじゃないかな)。
[PR]
by wumingzhi | 2005-04-15 17:29 | さよならBaby

口ぐせ理論

《口ぐせ理論》の佐藤富雄氏の本に、「自分にとって不幸な辛い経験でも、『これで良かったのだ』と言う」とある。
今回のことはそれは無理だ。どう考えても、起こって良かったのだ、とは思えない。と思った。
でも、強いて「良かった」と考えてみることにした。

赤ちゃんは―まだ赤ちゃんとは言えないほど小さな生命体だったけれど―私に自分の健康や食生活、これからの生き方を考え直させるためにやってきてくれたのだ。自分では問題ないと思っていた体だったけれど、妊娠・出産に耐えられるような万全の体調ではなかったのだ。
これをきっかけにダイエットしようと決意できたし、夫婦の絆も再確認できた。だからこれも良かったのだ。この経験を無駄にすることなく今後の生活に生かせればよい。
[PR]
by wumingzhi | 2005-04-13 11:50 | さよならBaby

最後の通院

昨日は大学病院に行ってきた。これで最後の通院になると思う。

採血の結果、ホルモンが下がっており子宮外妊娠の可能性がゼロになった(やっとだ)。
私は外妊の可能性なんてこれっぽっちも疑っていなかったが、これでようやく医学的に正式否定されたわけである。とりあえず私の卵管は2本とも無事だった。
入浴の許可も出た。

習慣性流産の検査も希望であればやって行くのかな、という方向でとかなんとかY先生はおっしゃる。ぜひ検査してもらいたい。でもそれはN産婦人科(不妊治療専門医院)ですることになるかもしれず、とにかくN産婦人科に来月になったらまた行ってみようと思う。
この大学病院のY先生は転勤になるそうだ。なんか寂しい…。

手術代が計算できていたので支払って帰る。27,220円也。入院費込みである。安~い。
保険も申請するつもりだからちょっとホクホク…って別に本当はお金なんかどうでもいいんだけど。失ったものは金銭では埋められない。でも旅行、どこ行こうかな…って、どっちやねん。

入浴許可も下りたし、子作りも特に数ヶ月間をおいたりする必要はないそうだ。
またフレッシュな気分でやりなおすぞ!
[PR]
by wumingzhi | 2005-03-25 08:34 | さよならBaby

アップしました

今までカテゴリ****で非公開にしてあった日記を『さよならBaby』として公開にしました。
まだよく見直していないので誤字・脱字、あるいは書き足したり削ったりすることもあるかもしれませんが。

よろしければ2月28日付けのこの項の1項目めから順に読んでいっていただければ幸いです。長いですが・・・。
[PR]
by wumingzhi | 2005-03-19 15:12 | さよならBaby
看護士さんが夫を呼びに行ってくれた。
前回麻酔から覚めたときは泣き喚き絶叫してしまったので、今回はとにかく「冷静に、冷静に!」というのが私のテーマだった。
理想を言えば、手術室に行く前に夫と話していて、手術が終わって麻酔から覚めてまたすぐその続きを夫と話す、というようなのを目指していた。

More
[PR]
by wumingzhi | 2005-03-19 14:29 | さよならBaby
 エレベーターが停まり、出た先は一般の人は立ち入り禁止区域。私は上と横しか見えなかったが、長い廊下の両端にはたくさん部屋があり、廊下に立っている人たちはみな手術着を着てマスクをしてキャップを被っている。
誰も物も言わず、こちらを見るとただ顎を引くようにして軽く頭を下げる。
自分が人間界ではない、不思議な世界に連れてこられた気になる。

More
[PR]
by wumingzhi | 2005-03-19 14:27 | さよならBaby
夫は9時頃そっちに行くと昨日言ってくれていたが、手術が3時となると随分間が開き退屈だろうと思ったから、そんなに早く来てくれなくてもいいよというメールを出しておいた。
 
8時45分、術衣に着替えて処置室に行き、点滴を受ける。点滴は先生が自らしてくれる。
 
点滴用のいい血管を捜すために私の腕を表返したり裏返したりしては指でべしべしと叩くのだが、男だけあってしっぺみたいに叩かれるだけでもこっちは結構痛いのである。子宮をこじ開けられて『棒』を入れられるのも異常な痛みだが、肉体をばしばし叩かれるのはまた別種の痛みがある。DV夫なんてやっぱりとんでもない話だな、とそのとき思った(というのは嘘で、今思った)。

More
[PR]
by wumingzhi | 2005-03-19 14:26 | さよならBaby
朝、目が覚めて時計を見ると5時50分だった。
 
6時半に採血に来た。これは、一般の人は不要だが私はRHマイナスなので血液型不適合を避けるため出産後や流産後72時間以内に抗D人免疫グロブリンの注射を受けなければならない(簡単に言えば血液製剤からできた予防注射である)。

これをしないと、出産時(や流産時)、RHプラスの胎児の血液が私の体内に混じると血中に抗体ができてしまい、次に妊娠したとき胎児を異物と勘違いしてやっつけてしまおうとするため(要するにアレルギー反応を起こす)、流産しやすくなるのだそうだ。それを避けるための注射を受けるために、採血してその注射に適合するか見るための採血。
 
この注射、最初の説明の段階で先生は忘れていたみたいだったので私が指摘した。私は妊娠するずっと前から、というより子どものときからずっと母親から血液型不適合のことを聞かされていたので絶対忘れないのである。
 
ちなみにうちの両親はたまたまどちらもRHマイナスのため血液型不適合はうちの兄妹には起こらなかった。それからマイナスの男性がプラスの女性と結婚して子ができた場合も関係なし。マイナスの母体とプラスの胎児の間で起こるのである。
 
朝食の時間は8時だが、私は8時から絶飲食のため朝食抜き。緊急手術になったのでまだ手術の時間は未定だが恐らく3時頃になるという。だから昼食も抜き。水も飲めない。
ためしに看護士さんに、
「8時から絶飲食だったら、朝の7時くらいに食べたり飲んだりというのはどうですか?」
と訊いてみた。が、ダメだと言われた。別に食べたいわけじゃないが、ちょっと訊いてみただけ。

どうでもいい話だが、私は手術前に絶飲食を言い渡されるといつもレッド・ゼッペリンの故ジョン・ボーナムを思い出してしまう。
麻酔がかかっているときに、飲み食いしたものを吐いてしまうと窒息死する危険があるための絶飲食なので、もし今これ食べたら手術中ジョン・ボーナムになってまうんかなあ、と思ってしまうのだ。
(注 ジョン・ボーナムという人は、泥酔しているとき嘔吐物で窒息して死んだのです。)

一説にはジョン・ボーナムの死因はジミー・ペイジが黒魔術で呪いをかけたというウワサも。ジミー・ペイジよ、私には呪いをかけないでくれ~。
[PR]
by wumingzhi | 2005-03-19 14:23 | さよならBaby
6時に夕食到来。メニューは焼鮭・玉ねぎの炒め・菜っ葉としいたけの中華風炒め・にんじんとごぼうのきんぴら・ごはん。
 
おなかが痛くなくなったので食欲は出てきたが、食事の味はどうも食欲をそそらない。どれもとても薄味で、炒めものといってももしかしたら油を使わずに、炒めるのではなく煮てあるのかもしれなかった。糖尿病食ってこんな感じなのかな?
「減塩とカロリー控えめ料理の参考になるね」と言いながら食べた。
 
夫にトレイを返しに行ってもらい、薬をシートから出してもらって飲ませてもらう。この際だから何でも甘えてやってもらっちゃう。
 
面会時間は7時までなので、7時過ぎに夫は帰っていった。
「暗くなったから、帰り道わかる?」
と私。
車なので暗いとかあまり関係ないのだが、変なことが心配になる妻である。

More
[PR]
by wumingzhi | 2005-03-19 14:21 | さよならBaby
入院は3時の予定だったが、3時20分病院着。6階の病棟に行くとナースステーションに先生が居て、
「お待ちしてました」

待たんでよろしい! いや、失礼、遅れてスミマセン。
それからまた手術の詳しい説明を聞く。
 
今夜行われる前処置は、子宮口を開くために棒を入れるのだという。他にもいろいろ説明があって、最後に
「何かご質問はありますか?」
と訊かれた。
 
同種の手術なら以前受けたし、麻酔があるからそれは痛いと言っても想像を絶するような痛みではない。むしろそれは想像外の経験である、と言ってもよろしい。だから当面の問題は、その『棒』なのだった。

 

More
[PR]
by wumingzhi | 2005-03-19 14:19 | さよならBaby