日々のこと


by wumingzhi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

論文完成

ヨーガセラピスト講座の論文、完成!

今やりたいこと。

ビールとワインを浴びるほど飲みたい。

ゆっくりお風呂につかりたい。

ゆうべ録画したボリショイの「眠り」を見たい。
[PR]
# by wumingzhi | 2012-02-19 16:32 | 生活

さらば・・・京都会館

昨日は京都会館でのタイガースコンサート。実家に帰ってきております。

そうなんです。チケットちゃんと取れたのである。しかも3列目。最後の奇跡。
最後っていうのは、今ある京都会館は取り壊されるので、私にとってもジュリーにとっても、これが最後の京都会館であるからして。

最後に、前から3列目なんていう神席がいただけるとは思ってもみなかった。

昨年9月、初めてタイガースのコンサートに参加するときには、私なんかが行って良いものか(タイガースの曲ぜんぜん知らないし、思い入れもない)というためらいが少しあったけど、行ってみてそんな思いは消し飛んだ。楽しい音楽に身を委ねる心地よさ! 理屈じゃなく、文句なく楽しい時間だった。

席は3列目左寄り通路側。ギターの下山さんの正面。ジーッと見てたら目が合いそうで照れてしまうほど(合わないって)。それと、近いと楽器の音もよく聴こえるということを知った。

サリー、ベースめっちゃうまかった。俳優に戻らんでええんちゃう?

もう(当分)タイガースのコンサートは見られないのかな~と思うと残念。でもまたジュリー単独ライブが楽しみになってくる。
[PR]
# by wumingzhi | 2012-01-14 10:23 | Julie

なぜだっ、なぜなんだっ

京都マラソン、落選…。
昨年の奈良マラソンDNSの罰はまだ続くのか。

京都マラソンに出る気マンマンでいたから、同日に開催される名古屋ウィメンズマラソンに見向きもしなかったし、2月の東京マラソンも申し込まなかったのに。

今からでもエントリーできる、春までのフルマラソンはあるかなあ。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-11-29 04:47 | run

ひさい榊原温泉マラソン

日曜日はひさい榊原温泉マラソン。

一週間前の天気予報は雨だった。雨なら欠場するつもりだった。雨の中、娘を長時間待たせて風邪をひかれてはいけないと思って。夫もあまり行きたくなさそうだったのでもう心の中ではほぼ、別の予定を入れていた。

当日、朝5時に外に出たら月が出ていた。今日は晴れか。ならば行くしかない。

しかし出かける準備をしていた7時頃・・・
[PR]
# by wumingzhi | 2011-11-22 04:25 | run
娘のバレエのレッスンを見学しているとき、教室のママ友がこんなことを言い出した。
「5年位前京都のデパートで夫のラルフローレンの靴を買ったときの箱をこないだ捨てようとして、中を開いたんですけど…」 

靴の入っている箱は、外側が綺麗なツルツルした紙になっていて、断ボールを折りたたんで作ってある。その箱を解体しようとしたときのことを話し始めた。
「折ってあるところを開いたら、中になんか外国語が書き付けてあったんです」

More
[PR]
# by wumingzhi | 2011-11-19 10:00 | 生活

YOGAsmile in Kyoto2日目

今日もいいお天気。

今朝は中島正明さん=MASA先生の瞑想のクラス。

申し込む時、誰のどのクラスにしようかな~(申し込む時期が遅かったので選択の余地は少なかったが)と考えて、苦手の瞑想にチャレンジしてみようと思った。MASA先生は雑誌で写真などを見かけたことはあるもののほとんど知らないしあまり興味もなかったのだが。

でも、とてもいいクラスだった。MASA先生もとても素敵な人だったな。
瞑想だから1時間半ずっと目を閉じて座っているのかと思っていたら、お話もたくさん聞けたし質問にも答えてもらえた。とても楽しく充実した時間だった。

初めて実際に目にするMASA先生はまず、細長いっ! と思った。
細いけど胸板は厚く二の腕はたくましい。座っていると小さいのだが、立つとすごく背が高い。184センチなのですって。脚が長いということだ。腕を伸ばすとお堂の天井に着きそうだった。

集中力がないから瞑想が苦手で嫌いだったけど、今日は瞑想している時間が心地よいと初めて思えた。
もし瞑想中に鳥の鳴き声が聴こえてきたら、それに身をゆだねて自然に調和している自分を感じて良い。集中できていないなと感じたら、「集中してないな」と認めれば良い。自分の中で自分とケンカせず、自分と寄り添い仲良くすること。それがヨガの「気づき」なのだという。

昨日と今日、1コマずつしか受講できなかったけれど、素晴らしい2日間だった。HIKARU先生にも会えたし。

心が洗われるというか、新しいエネルギーを注ぎ込まれたような2日間だった。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-10-09 18:55 | Yoga

YOGAsmile in Kyoto!!

ヨガのイベントに参加してきた。

昨日、娘を連れて高速バスで京都へ。

今禁酒してるので、朝もスッキリ目が覚める。5時に目が覚めた。

目が覚めるのが早すぎると、まだこんな時間か~とガッカリしてしまう。早く活動したくてウズウズしてしまうのだ。夜中の2時とかだとさすがに活動するには早すぎて昼間疲れてしまうのでなんとか再び眠るよう努力する。ひどいときには起きたらまだ12時なんてこともあって、そんなときには心の底からガッカリしてしまう。

だから5時というのはちょうど良い。早いけど、早すぎることもなく。

しかし、ジョギングしようと思っていたのに母とおしゃべりしていたらあっというまに時間が経ち、その後お風呂に入って出てきたらなんと出発時間まで4分しかない! のんびりトリートメントなんてしているんじゃなかった。

しかし4分しかないのにバスに間に合わせてしまった。

朝イチのクラスは木村先生。普段の講義になかなか来てくださらないので、こっちから追いかけることにしたのだ。講義に来てくださいと文句言っておいた。

同じ時間帯には別の部屋でHIKARUさんの呼吸法のクラスが。HIKARUさんのクラス、取りたかったけど、HIKARUさんのメインのクラスは金曜日だったし、今朝は木村先生取っちゃったし。

でもHIKARUさんに一目でもお目にかかることができないかなあと思っていたら、受付のところにHIKARUさんが。話しかけたいなあと思ったけど、お庭の写真を撮ったりされていたのであきらめた。

クラスが終わって帰ろうとして靴を履きかけたが、更衣室にリュックを忘れてきたことに気付いて取りに戻ったら、更衣室の中で着替えているHIKARUさんの姿が。

握手してもらって少しおしゃべりできた。
あー、とっても幸せ。触れるだけで、そばに居るだけでワクワクさせるような不思議な力がある人だなー。まだ子どもが小さいのでなかなかワークショップなどにも参加できないんです、と言うと、「子育てもヨガだから!」と励ましてくれた。ありがとうございますHIKARU先生。

あっ、木村先生のお話も相変わらず面白かったです。

HIKARU先生のクラスを取っていた友人と落ち合って祇園の中華料理店でランチのあとお茶。

彼女は高校時代の友達で、話が尽きることがなく、とっても楽しかった。いい一日だった。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-10-08 16:16 | Yoga

片付け

ずっと自分の部屋を片付けなきゃ、と思っていた。でもなかなかやる気が起きない。
断捨離の本などを買ってみるものの(←そこから始めるんかい)、読む気にすらならない。

そんな私がまたしても買ってしまった片付けの本。近藤麻理恵さんの『人生がときめく片付けの魔法』。

ところで私、この本を新聞広告で何度か目にしていて、そこに掲載されている写真をずっと大沢あかねだと思っていた。なんか宣伝部長みたいなことをしているのかと…。著者の写真だったんですね。

いちおう買ってはみたものの、なかなか読み始める気がしない。しかしとうとう思い切って! 読み始めました。

読んでみて、片づけしたいなあ~とちょっとは思ったけれど、覚悟を決めてドラスティックにやらないとならないみたいなのでなかなか取り掛かれず。いや、結局片づけが面倒なだけだったんだけど。

昨日起きるとすごく体がだるい。先週のランニングの疲れが一日置いて昨日出た感じ。走るのはお休みしようかな、という気がする火曜の朝。夫が休みを取ったので、娘の送り迎え全部まかせてとうとう始めた、部屋の片付け。

本によるとまず衣類から始めるみたいなんだけど、私はまず自室を片付けたかった。そして私の部屋は何が問題なのかというと本である。本、本、本。ナッシング バット 本。だから本から始めることにした。

11時に始めて、夕方5時くらいには片がついた。晩御飯はレトルトカレー。くたくただ。

でもはずみがついたので娘の絵本の整理も始めちゃった。

本が終わったら定石どおり衣類をやってみよう。私は服には本ほど思い入れがないので(恐怖のジャージ女だから)、これは早いと思います。

服の次は小物、それから食器と進める予定。人生、ときめかせるぞ~!
[PR]
# by wumingzhi | 2011-10-05 06:42 | 生活

週末run

日曜日、家族で出かけて夫と娘は遊園地、私は隣の公園でヒイコラ走る。

15キロは走りたいと思っていたのだけれど…13キロでおしまい。
おまけに、遊園地の駐車場のほうに出るつもりが間違えて逆のほうに出てしまった。そこから歩いて戻るのが、走っているときより疲れたほど。手にしていた携帯をアスファルトの上に投げつけるように落っことしてしまったくらいだ。手に力が入らなかったみたいで。

遊園地に隣接する温泉で汗を流したかったが、もう1時過ぎてしまっていたのでまず夫と娘を呼び寄せてレストランで昼食。ランチブッフェでデザートもてんこ盛り。またしても消費した以上のカロリーを摂取してしまった。

ランチの後は娘たちはまた遊園地に戻り、私は温泉へ。一人だったのでサウナにもじっくり入れる。ごくらくごくらく。

普段は風呂上りのビールが楽しみで入浴中にあまり水を飲まないが、今禁酒中なのでウォータークーラで飲みまくる。飲んでも飲んでものどが渇く!

風呂上がりに0.00パーセントのノンアルコールビールを。

常々、ノンアル飲むくらいなら何も飲まないほうがマシ、的なことを言ってきた私だが。ランニング+温泉後はもどきであってもビールでないと癒せない渇きというものがあることを知った。ノンアルコールビールを飲んだらなぜかのどの渇きが落ち着いたのだ。

良い休日であった。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-10-05 06:14 | run

思うところがあり、

11月にハーフマラソンの大会に出ることに決めた。

決めただけで、まだエントリーしてないけど。もうすぐ締め切り。早くしなくちゃ。
地元のちっちやな大会だし、まだ大丈夫と思うんだが。

願掛けの意味も込めて、昨日から禁酒しております。
この禁酒は12月3日まで続ける予定。3日に忘年会があるので、その席で解禁だっ。
だから完走後にグビッとビールを、というわけにないかない。

ところでこの大会、時間制限が150分。2時間30分だ。
私の今年の4月の志摩での記録は2時間30分何十秒だった。これを切らなくちゃいけない。
いつもちんたらちんたら走るだけ、ってのが私のマラソントレーニングだったが、今回はスピードを意識して練習するようにしないと。

そう思って、普段は45~6分かけて走っている練習コースを、昨日は40分を切るのを目標にがんばって走ってみた。

結果は40分5秒。惜しい!

…しかししんどかった。帰ってキョリ測で距離を測ったら6キロだった。このペースをこの3.5倍の距離で続けるのか…。

楽しく、気持ち良く走りたい。だからペースを上げずにゆっくり走りたい。でも大会のときくらい無理してもいいかな? 一度くらい、しんどくなるまでがんばってみよう。

先日、園ママFさんと二人で山道トレーニングに行ってきた。Fさんは元陸上部で、いろいろアドバイスしてもらっている。

場所は以前に娘を連れて登った小さな山。ふもとまでFさんの運転する車で行き、車を置いて登る。登りは34分歩いて登る。山頂でちょこっと休憩して、帰りは走って下りた。21分。この下りの気持ち良かったこと!! なだらかな下り道をひたすら駆け下りるってこんなに気持ち良かったのか!? たいしてスピードが出ているわけでもないのに、飛んでいるような気分だった。クセになりそう。この感覚を味わいたくて、この山に通いつめてしまいそうである。私が運転できたらここまで毎日来るのになあ。知らない道は運転できないのでね。

その後アイスクリーム屋さんでアイスクリーム→トンテキ屋さんでランチ、と山で燃焼した分はチャラになった。

Fさんの車はボルボで、ルーフをオープンにして走っていたからか、対向車の外国人風の男の子たちにガン見された。オープンカーを運転している女性って少ないから、私たち目立ってる? って思ったけどたぶん車に興味があっただけであろう。
そしてやってることは山登り&トンテキ、とまったくオシャレじゃない私たちである。美ジョガーへの道は遠い。

大会までに3キロ減が目標だ。トンテキも封印する。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-10-02 05:52 | run
最近すっかりバレエに夢中。娘の発表会も近づいており、緊張とドキドキの日々。

だらだらとヨガを続けながらも、ホームプラクティスはあまり(というかほとんど)できていない。

ところが、バレエストレッチを始めてから体が柔軟になって、練習していないのに、できなかったヨガのブリッジのポーズができるようになった。バレエではブリッジのポーズなんてまったくやっていないにも関わらず。

体というのはたとえば脚なら脚、背中なら背中、腕なら腕、というふうに独立して成り立っているのではない。すべてのパーツが連動して初めて肉体としての機能を発揮できるのかな。そんなふうに感じる今日この頃。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-07-28 23:33 | Yoga

遠い記憶

昨日、日帰りで京都の実家に行った。
骨折で入院中の祖母のお見舞いが目的である。
そのついでに実家に置いてあった私のポアントと、昔せっせと足を運んだバレエ公演のパンフレットを持って帰ってきた。
b0020550_9163373.jpg


1997年の英国ロイヤルバレエの来日公演パンフに挟み込まれていたキャスト表を見てがくぜんとした。1997年6月8日の『ロメオとジュリエット』。ジュリエットは吉田都。

私、吉田さんのジュリエット全幕を見たという記憶が、まったくない。何一つ思い出せない。私、本当に見たのだろうか? でも、ごていねいにチケットの半券まで一緒に挟んであるから見たのに違いない。
私が何度も何度もロメオとジュリエットの舞台を生で見てきたのなら、まだそういうこともあるかもしれないが、私がロメオとジュリエットを見たのはこの1回だけのはず。それなのに、何も覚えていないなんて! 私はアホか!!! 何を考えて生きていたんだろう。

ちなみにロメオはイレク・ムハメドフ、マキューシオは熊川哲也。素晴らしい配役ですね。よくよく思い出してみると、熊川哲也のマキューシオは見たことがあるような気がしてきた。

この当時の記憶が全般的にないのじゃないかとも思ってもみたが、その前日に見た『ドン・キホーテ』のことはよく覚えているのだ。シルヴィ・ギエムのキトリだった。
たぶん私は、ギエムが好きだったので前日見たギエムのドンキで胸がいっぱいになっていたのだろうな。もったいないことをした。今、すごくマクミラン版の『ロメオとジュリエット』が見たい気分なのに。

写真のポアント(トウシューズ)だが…当時、これでがんがん踊っていた、という事実はまったくなく、バレエは習っていたけれどポアントなんて夢のまた夢、という状態だったが、トウシューズってどんな感じだろうと思って遊びでちょっと購入してみたのだった。

昨日久し振りにポアントを履いてみて、またまたショックを受けた。足が痛いのなんの! これ履いて立つだけでも痛いのに、踊るなんて無理でしょう。パ・ド・ブーレくらいはできるかななんて思っていたが、まったくできません!!

そして、ポアントを履いた自分の脚があまりに太すぎて、ポアントとまったく釣り合っていないことにもガクゼンとした。こんな太い脚の人は普通、ポアント履かないですから。

…ダイエットがんばらなきゃ。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-07-19 09:16 | バレエ

ららら・・・落選

11月の神戸マラソン、落選!!

今年はフルマラソン初挑戦という年初の目標を遂げることができなくなった。

しかし、がっかりというより正直、幾分ほっとしている。

この暑さ…。近頃全然走ってません。かつ、夏休みに走れるような気もまったくしない。娘が家にいるからジムに行くわけにもいかないし。

来年3月の京都マラソンにはなんとしてでもエントリーしたい!! マラソンの神様、おねがい!!!
[PR]
# by wumingzhi | 2011-06-30 20:16 | run

大逆転!?

ゆうべ寝入りばなに夫が寝室に入ってくる気配で目が覚めてしまった。
その後眠れぬままにふと、直感がピーンと来た。

私、シルシャアーサナできるかもしれない!?

シルシャアーサナ、ヘッドスタンドである。
練習したことはあったができなかった。それ以来全然やっていないのにもかかわらず、なぜかゆうべ突然できるような気がしたのだった。

さっそく布団を出てやりに行った。

さて、やろうと思ったが、やり方をすっかり忘れてしまっている。手は…組むんだっけ?

コンタクトレンズを外しているので本を調べることもできない。

だからゆうべはあっさりとあきらめて、今朝起きぬけ一番に再挑戦。

足先は一瞬真上に上ったけれど、向こう側にでんぐり返りしてしまった。

これは大きな一歩だ。
向こうに引っくり返ってしまうのが恐かったのだが、引っくり返ってしまえばたいしたことはないとわかった。ちょっと大きなでんぐり返りというだけだった。どこも痛くない。なかなかキレイにでんぐり返りできている。

以前、HIKARUさんのワークショップに参加したとき、オシャレで素敵な普通の女の人たちが平気でヘッドスタンディングしている姿に衝撃を受けたものだった。

練習したらヘッドスタンドができるかも、という手ごたえをつかんで嬉しくて、髭剃りをしている夫に報告に行った。

「ヘッドスタンドがもうすぐできそうになってきたよ!」

夫「へえ~、ふう~ん」

大して興味も驚きもなさそう。私がヘッドスタンドできるなんて(いや、まだできてないけど)、私の中ではスゴイことなのになー。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-06-24 23:48 | Yoga

来ない…

世間では続々と届いているというウワサのハガキ。
ジュリーのコンサートのチケット落選ハガキ。

うちには来ない…。

てことは、チケット取れたのだろうか?
激戦区の京都会館しか行ける日時がなく、だから第二希望も書かなかった。
それも11月の京都は神戸マラソンの前日なので(あくまでも出るつもりでいる!)、ツアー2日目9月の京都。この日がだめなら今回の「ほぼタイガース」ライブはあきらめるつもりでいた。

だめなんじゃないかと思っていたのに。

嬉しいけど、ちょっと複雑な気も。

私なんかが行っていいのか、という。

タイガースの曲、全然知らない。先日ようやくシングルコレクションを入手して、ぼつぼつ聴き始めているという段階。正直言って、タイガースへの思い入れはゼロなんです。すみません。

40年間、ピーさんに会いたくてたまらなかった人たちがいる。そんな人たちと同じ会場で、私みたいのが居ても、なんかファンの方たちにもジュリーたちにも申し訳ないような。

でも、チケット取れたなら絶対行くんだけど。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-06-23 17:36 | Julie

娘とバレエレッスン

土曜日、幼稚園で父の日のイベントがあったため今日が代休になった。

午前中、バレエストレッチである。先生が、娘を連れて来ても良いと言ってくださったので、お言葉に甘えて娘も一緒にレッスンを受けさせてもらうことに。

娘はバレエ歴いちおう1年9ヶ月。ここの教室では私より先輩になる。
しかし大人と子どもでは、やることが違う。ストレッチは子どもより複雑だし長い。娘、飽きて騒ぎ出すんじゃないかと思ったが、大丈夫だった。M先生は気さくで楽しい人だが、娘はまだどこか怖い先生と思っているようである。バレエの先生に対してはずっとそういう思いを持ち続けて欲しい。

娘のことはあまり気にせずレッスンを受けることができた。でも、ストレッチしながらふと娘のほうを見ると、目が合って笑顔になったりして。こうして娘と一緒にレッスンを受けられるというのも楽しいなあ。

帰宅してから、おとなしくやっていてくれたことを誉めてつかわそうと思い、
「今日はがんばってて偉かったね。ちょっとはできてたし!」と言うと娘、
「え? 全部できてたよ!?」

…子どもって、ほんとに自分が見えていないんだな。かなりびっくりした。

でも、そういう思い込みのおかげで成長できるのかも。良いところは見習おう。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-06-20 17:33 | 肉体改造計画

送別会

ヨガ教室の先生の送別会に参加した。

来月からインドに留学されるのである。これを機に教室も「発展的展望」を持って閉鎖されることに。

私は教室がなくなったあと、どのようにヨガを続けるかを考えた。

1.新たな拠点となる教室を見つける。

2.ジムでヨガのプログラムに参加する。

3.いろんな先生のワークショップに参加する。

4.ホームプラクティス。


先生にも相談してみたが、「自分で教えてみたら」と言われた。私もその方向でがんばるつもりだが、まだまだ力が足りないので定期的に練習を続けたい。ヨガ哲学はYTICで勉強を続けるが、アーサナをもっと深めたいのだ。YTICの2年間のカリキュラムを終えたら、今度は名古屋あたりでアーサナ中心のティーチャートレーニングを受けたいと考えているほどである。

2のジムでのヨガは、ヨガとは言えないし…。まあ、気休め程度に、健康体操として可能な限り参加していこう。

3ワークショップは休日なので、家庭生活やYTICとの兼ね合いもあるしなあ。

4ホームプラクティス。これが一番私に欠けていることで、最も重要なことなのである! とわかっているのでがんばろうっと。

送別会は、とても楽しかった。先生は残念ながら2次会まではおつきあいいただけなかったが、私は2次会まで参加してカラオケ行ってきた。中国語の歌やジュリーなど、やりたい放題しほうだい!! 
[PR]
# by wumingzhi | 2011-06-19 17:11 | Yoga

みずみずしいという言葉

娘のバレエのクラスの後、高校生くらいの子達のレッスンの時間になる。
娘がレッスンを終えてクラスのお友達とお菓子の交換をしているとき、傍で高校生の生徒さんが髪をシニヨンにしていたので娘に、あのおねえちゃんにもあげなさい、とお菓子を渡させた。

すると、「ありがとう」と笑顔で受け取ってくれた。
なんてことないことかもしれないが、5歳の娘にとっては先輩の大きなお姉さんとのこういうちょっとした交流は嬉しいことに違いない。

歳を訊くと、16歳という。バレエは4歳から始めたそうだ。バレエ歴12年である。
気さくな娘さんのようだったのでちょっと調子に乗った私、「なにか得意の決めポーズをして見せて!」とあつかましくもリクエストしてみた。いやなに、娘が喜ぶかと思ったのですよ。

彼女は「えーっと、どうしようかな…」としばらく考えてから、ポーズをして見せてくれた。

すごく良かった。感動したわ。知らないおばさんの変なリクエストに応えて、後輩である子どもに躊躇なくポーズを見せてくれるのが素晴らしいと思った。ちょっぴり恥ずかしそうな笑顔も初々しく、まさに「みずみずしい」という言葉がぴったり。素敵すぎる16歳…。
映画『花とアリス』の蒼井優ちゃんを思い出した。オーディションでバレエを踊るシーン。蒼井優ちゃんのフレッシュな魅力があふれていた。

ありがとうと言って娘を連れて帰ろうとしたら、そばに居た別のママが、「何かお返しのポーズをしたら?」というので、「では」と、お返しにシェーをしてみた。16歳の娘さん、笑っていたので「シェー知ってる?」と訊くと、「知ってます」って言ってた。

私にも16歳の頃はあったはずなのに。

ところで、以前テレビで赤塚不二夫の娘さんがシェーをしているのを見たことがあるが、とてもカッコ良かったのだ。迷いがなく、ピシーッとしていて。すごく良かった。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-06-17 11:52 | 生活

ホタルと熊野古道

土曜日。私は朝6時前に目覚めて、8時半からのヨガのクラスに参加。ひっそりと起きて出かけるつもりが、娘も起きてしまう。

ヨガから戻り、蛍を見に泊まりがけで出かけた。
去年泊まったのと同じ、コテージのある宿泊施設である。
コテージは3軒あり、一軒は一階建て、2軒が二階建て。今回は2階建てのコテージだった。近頃、2階建てのおうちに住みたいと言い出したKは大喜び。

1時間ほどで・・・
[PR]
# by wumingzhi | 2011-06-15 20:34 | 旅日記

丸物置

毎朝、娘は何度も言われないと服を着替えたり歯を磨いたりということをしない。
今朝も何度も言ってようやくダラダラと服を着替えた。そしていやいやグズグズと歯を磨き始めたが、歯ブラシを口に入れたまま、

「ママ、丸物置て知ってる?」

としつこく何度も訊いてくる。

「丸物置て知ってる?」

「丸物置て知ってる?」

最初は無視していたが、あんまりしつこく訊いてくるので、
「早く磨き終わりなさい! 歯磨きを終わるまで返事しません!!」と宣言した。

ようやく歯磨きを終えた娘、

「丸物置て知ってる?」

「知らん!!」
と私。丸物置だか角物置だか知らないが、そんなもの聞いたこともないわい。

娘との話はそれで終わった。

今日のお迎えで園庭に並んでいるとき他の園ママに、
「丸物置て知ってる? って訊かれたけど、訊いたことある?」と質問してみた。
すると、九州出身Mさんが、「あ~、丸物置ね」みたいなことを言い、知っている様子。もしや九州ではそういうものがあるのか? でもなぜそれを娘が知っている? と一瞬考えたけど、結局、

丸物置

ではなく、

【マルモのおきて】のことだったと判明した。

「丸物置て知ってる?」
ではなく、

「『マルモのおきて』知ってる?」
と娘は言っていたのだった。

私はドラマはまったく見ないのでわからんかったよ。でも、テレビは見ないくせになぜか新聞のテレビ欄は熟読するので、そういうドラマがあることは知っている。
娘も見たことないはずだが、幼稚園で話題になっているらしい。

子供の最近の話題についていけなくなりつつある母である。
[PR]
# by wumingzhi | 2011-06-10 20:05 | K's Garden